ご相談・お問合せ 電話でのご相談

ハラルについて

ハラルとハラム

イスラムの教えでハラル(ハラール)【アラビア語: حلال Halāl 】とは、「許されている」という意味です。一方、ハラムとは「禁じられている」という意味です。ハラルやハラムは「もの」や「こと」が神に許されているのか禁じられているのかどうかを示す考え方です。
例えば豚肉やお酒は口にすることを禁じられているのでハラム、人の物を盗んだり嘘をついたりすることもハラムです。このようにハラルとはイスラム教徒(ムスリム)にとって食べるものだけではなく、服装や生活全般、サービスに渡り幅広い関わりがあります。ハラルまたはハラールと発音する場合もありますが、どちらも同じ意味です。

ハラルな食べ物、ハラムな食べ物

ムスリムは食事について食べていいもの、食べてはいけないものを注意しながら生活をしています。それゆえムスリムに食事などのサービスを提供する際は、ハラルとハラムの意味を理解しておく必要があります。

私たちが普段食べている野菜や果物・穀物・魚介類は基本的にハラルです。そのため、何がハラルかを暗記するよりは何がハラムなのかを知り、その食品を避けるべきと考える方法をおすすめしています。

また、ハラル、ハラムを細かく覚えても国や地域、個人や学派によって解釈が異なります。さらに最終的には自己責任で判断することを許されているので、例外も生じます。そこを考慮しながら、基本的な原則とポイントを正しく理解しておくと良いでしょう。

ハラムで広く知られているのが「豚」と「アルコール」です。しかし同じハラムであっても、豚とアルコールは禁忌するレベルが異なります。ムスリムが最も摂取しないように気をつけているのは、断然豚の方です。豚はイラストを見るのも嫌という人もいるくらい強く嫌う傾向があります。次に避けるのはイスラム法以外でと畜された肉です。たとえ鶏や牛であってもイスラム法に則りと畜・加工処理されていなければハラムとみなされ、口にすることを禁じられています。

「アルコール」の摂取も禁じられていますが、飲用や料理で用いるアルコールを避ける人は多くても、機械や手指の消毒に使用するアルコールを避ける人の割合は低めです。また、自然醸造で生じたアルコールを含む味噌や醤油などの調味料についてはアルコール濃度を規制すべきという考え方がある一方で、問題ないと考える団体や人もいます。

さらに、自分で判断できないグレーゾーンまたはハラルにもハラムにも考えられる疑わしきものは「シュブハ」と呼ばれ避ける傾向があります。例えばと畜方法が不明な牛肉や鶏肉もシュブハになります。

ハラルとハラム

ムスリムだけではなく、誰だってよく分からないものは口にしたくありません。特に外国人が知らない日本ならではの食品や料理は、誰が見ても理解できるような明瞭な表示・情報開示が重要になります。

ムスリムが食べられるもの(神に許されたもの=ハラル)

野菜・果物・穀物(米・小麦など)・豆類・魚介類・海草類・牛乳・卵など

ムスリムが食べてはいけないもの(神に禁じられたもの=ハラム)

  • ・豚肉や豚由来の成分が含まれているもの
  • ・イスラム法に則って処理がされていない食肉、及びその動物由来の成分
  • ・血液
  • ・飲用アルコール及び調味料に含まれるアルコール(料理酒・みりん・リキュールなど)
  • ・犬やかぎづめのある動物
  • ・死んだ動物の肉

※宗派、国及び地域、個人によって解釈が異なります。

ハラル基礎知識 / halal
入会のご案内 講演依頼 ハラル対策ハンドブック

提携先金融機関

全国各地域でのハラルビジネスの普及と包括的なサポートを目的とし、地銀18社様と業務提携をしています。

   東京都主催 ムスリム等外国人旅行者 バイヤーズガイド やまとごころ TOYAMA MUSLIM GUIDE 静岡ハラルポータル 海外ビジネスEXPO2019 プレミアムフードショー2019 Japan Muslim Guide HALAL DELI ハラルデリ

関連団体リンク

経済産業省 観光庁 ジェトロ JICA 中小機構