ご相談・お問合せ 電話でのご相談

[vol.457] 外食の海外進出の動き(インドネシア編)

2017.12.01

☆★ 目次 ★☆
01:コラム「 外食の海外進出の動き(インドネシア編) 」
02: お知らせ「 ハラル・ジャパン協会からの情報 」
■01 コラム「 外食の海外進出の動き(インドネシア編) 」
みなさんこんにちは!
一般社団法人ハラル・ジャパン協会の佐久間です。
月初の忙しい中、少しだけお付き合い下さい。

いよいよ12月に入りました!
2017年もあと1か月、2018年を迎えます。
師走です、先生も走る12月です。(汗)
私も走り、スピード感持って対応したいと思います。
今年は12月31日まで仕事と予想されます。

2018年を迎えるにあたり、輸出・進出の加速です!
未来予想です。
その中で外食産業のインドネシア進出の最近の動きから
本日は検証してみたいと思います。

まずは、ホットランド、築地銀だこがインドネシア展開
です。※NNAより

2018年4月からの事業スタートです。
まずはパートナー探しが海外展開のポイントですから、
何度か足を運ばれて、「合弁パートナー」を探すことが
とても大事です、現地に何度も足を運ぶことが大事です。
ホットランドのムスリム市場展開はUAEやマレーシアなど
展開していると思われるが、マレーシアでは昨年4月に
築地銀だこ1号店を出店し、7店舗に拡大したようです。
薄皮たい焼き「銀のあん」も進出している。

「たこ焼き」「たい焼き」このまま日本語が現地で通用
するくらい有名なジャパンコンテンツ(クールジャパン)
です。
中に入れ具を好みでアラカルト式で選べる楽しみもあり
ます。辛い、甘いの代表ファーストフードです。
どらやき、ラーメン、うどん含め日本語が通用するモノ
を選ぶと大事です。

そして菓子シャトレーゼがジャカルタに1号店をオープン!
※NNA

日本から直輸入した洋菓子、焼き菓子、和菓子を販売する。
この「直輸入」という言葉がとても大事で、海外輸出される
事業者のキーワードです。

ジャカルタ中心部の商業施設「スナヤン・シティー」で、
テーブル席を20席設置し、店舗内で飲食もできる。イート
インも大事なコンセプトです。

日本に比べ単価は約1.7倍、当初は17品目を販売し、インド
ネシア政府当局から輸入許可を取得次第、商品数を増やして
いく。とにかくインドネシアは輸出が難しい国の一つです。
売れ筋商品は3種類のダブルシュークリーム(海外店舗の
商品名はダブルファンタジー)で、1個2万4,000ルピア
(約200円)。1日に500個売れている商品もあるようです。
甘いものは大好きです。日本人社員が出張し、店舗指導を
行っているようで、とても研修は重要です。

「5年後には100店舗を展開し、年商200億円を目指したい」
とシャトレーゼ社長のコメント。インドネシアは2.6億人
(ムスリム2.2億人)の巨大マーケットですから、皆さん
期待値高いです。

インドネシア産のカカオやコーヒー、バニラビーンズ、
アボカド、サツマイモといった農作物を日本に輸入して菓子
用に加工し、日本や海外のシャトレーゼの店舗で販売する
取り組みを進めているらしい。

日本の契約農家を通じて培った生産技術を生かし、インド
ネシアでイチゴなど農産物の品質・生産性を向上させて安定
供給を目指す。
輸出・輸入の相互扶助関係が築くことが一番2カ国間で
持続可能な商売になることが期待できます。
これからのビジネスモデルですので、注目したいです。

3つ目はコロワイド、「牛角」バンドン1号店を開業の記事
から ※NNA
外食大手コロワイドはインドネシアの西ジャワ州バンドンに、
焼き肉店「牛角」をオープンしたと発表した。バンドン進出
は初めて、2006年にインドネシアに1号店をオープン以来、
牛角はこれでインドネシアで14店舗となる。

焼肉は人気です。特に「日本式」はこれから更に人気が予測
できます。席数は94席。客単価はランチが10万ルピア(約830
円)、ディナーが22万ルピアで、月7億ルピアの売り上げを
見込んでいる。牛角はジャカルタ首都圏に10店舗、スラバヤ
に3店舗を、しゃぶしゃぶ温野菜はジャカルタ首都圏に3店舗、
スラバヤに2店舗を営業している。19年までに、インドネシア
で合わせて50店舗体制を目指すそうです。

肉はイスラム市場でキラーフードですから、肉、天ぷら、
魚はどんどんインドネシアへの進出が加速されますが、
インドネシアは「ミニ中国」です。そんなに簡単には行きま
せん、そしてまだまだ平均的な所得は低いのでマレーシアとは
違うことも理解するといいと思います。

最後はラーメン店もハラル認証の話です。
ラーメンの清六屋、全店でハラル認証を取得しました。
インドネシアで子会社が運営するラーメン専門店「清六屋」
全4店舗がハラル(イスラム教の戒律で許されたもの)認証
を取得した。ラーメン、うどん、カレーも日本を代表する
日本食です。イスラム教徒(ムスリム)も安心して食べられ
ますね?

この4事例は参考になると思います。
12月もハラル・ジャパン協会一同、全力で皆さまのサポート
を致します。引き続き宜しくお願いします。
———————————————————————–
一般社団法人 ハラル・ジャパン協会
代表理事 佐久間 朋宏
———————————————————————–

■02 お知らせ 「 ハラル・ジャパン協会からのイベント情報 」

■『東京都主催 ムスリム旅行者受入セミナー・
               アドバイザー派遣のご案内』
東京都では、多様な文化や習慣を持つ旅行者への対応として、
ムスリム旅行者が安心して快適に滞在できる受入環境の整備
を推進しています。
その一環として今年度は、昨年度よりも回数を増やし、事業
者の皆様を対象としたセミナーを5回開催します。
また、各事業者のニーズに応じた助言等を行うアドバイザー
派遣も行います。
■対象事業者: 飲食施設、宿泊施設、商業施設、観光施設、
 商店街、観光協会など
事業詳細・お申し込みはコチラ↓
www.first-gbp.jp/tokyo-muslim/
<セミナー概要(全5回・各回定員70名)>
◎複数セミナーへの参加が可能
◎ムスリム旅行者受入のための基本ポイントと
 事例・実践的なノウハウを提示
■第1回 【基礎編】 ムスリム旅行者受入の基礎、(済)
           食における対応のポイント
平成29年11月20日(月)13:30~16:30
■第2回 【HALAL EXPO JAPAN 2017 特別セミナー】
            飲食施設の先進事例
平成29年11月22日(水)13:00~14:30       (済)
■第3回 【実践編】 飲食施設の先進事例、
           ムスリム旅行者のニーズ
平成29年11月30日(木)13:30~16:30      (済) 
■第4回 【基礎編】 ムスリム旅行者受入の基礎、
           マーケティング
平成29年12月3日(日)13:30~16:30
■第5回 【実践編】 飲食施設の先進事例、ムスリム
           旅行者へのPR・集客方法
平成29年12月11日(月)13:30~16:30
<アドバイザー派遣概要>
◎事業者のニーズに対応した助言等を行う
 アドバイザーを派遣
【支援例】ムスリムの嗜好に合わせたメニュー開発、
     ムスリム接客に関する社員研修
◎派遣プログラムの一環として飲食店の実地研修も開催
■実施期間: 平成29年11月1日(水)~平成30年3月9日(金)
■場所: 事業者が希望する東京都内指定場所
[実地研修について]
■対象: 主に飲食施設
      (宿泊施設・商業施設等の飲食部門も含む)
■定員: 各回15名
■場所
 日時:花咲かじいさん(渋谷桜丘店)
平成30年1月16日(火) 15:00~17:00
東京ハラルデリ&カフェ(上智大学 四谷キャンパス内)
平成30年1月17日(水) 15:00~17:00
事業詳細・お申し込みはコチラ↓
www.first-gbp.jp/tokyo-muslim/
ご不明な点、ご質問は下記までお問い合わせください。
【東京都ムスリム旅行者受入セミナー・アドバイザー事務局】
株式会社ファースト Global Business Promotion部
担当:栗原、斉藤
Tel. 03-3545-9811 e-mail: first-gbp@the-first.co.jp
——————————————————
■平成29年度富山県「東南アジア等飲食店育成事業」主催
 メニュー・レシピ開発・お土産開発事業者 募集中
 http://www.halal.or.jp/dl/2017toyama_2.pdf
 富山県内の宿泊・飲食・旅行・観光・お土産事業者対象
 に専門家派遣を行います。(無料)
 ※派遣規定、回数制限などあり
 9月27日・10月12日のセミナー・研修の様子
 http://www.halal.or.jp/halalnews/halal/4411/
  
  詳しくはtoyama2017@halal.or.jp 富山県係まで
——————————————————
■平成29年度宮城県食産業振興課
         「ハラール対応食普及促進事業」主催
   http://miyagi-halal.jp/index.html#t_top
 ★12月6日(水)仙台ハラールバス視察ツアー 募集中★
   http://miyagi-halal.jp/event2.html
 ・ムスリム試食会 (11月・12月・1月 日程調整中)
  12月6日・18日・21日等予定 
 ・商品開発・メニュー開発(宮城県内モデル店にて)
 ・マレーシアでのテストマーケティング(1月・2月)
 ・バイヤー商談会IN仙台(2月)
  詳しくはmiyagi2017@halal.or.jp 宮城県ハラール係まで
  専用ホットライン080-6253-2887(平日10時―17時)
——————————————————
■福岡県ムスリム受入れのための講演・個別ヒアリング
主催:福岡県ムスリム施策推進協議会
    (事務局 福岡県企画・地域振興部国際局地域課)

この度、ムスリム対応の専門家を招いてムスリム対応に
関する講演と個別ヒアリングを下記の通り開催いたします
ので、ぜひご参加ください。
日時・会場
【朝倉・うきは】会場:朝倉地域生涯学習センター会議室1
 平成29年11月 1日(水)15:00~17:00(済)
 講演
 平成29年11月 2日(木)10:00~(済)
(1社につき45分) 個別ヒアリング
【福岡・糸島】
平成29年11月 6日(月)15:00~17:00(済)
 講演 会場:福岡県福岡東総合庁舎第2会議室
 平成29年11月 7日(火)10:00~(済)
(1社につき45分) 個別ヒアリング
 会場:アクロス福岡3階 国際交流センター交流室
【久留米】会場:久留米シティプラザ スタジオ2
 平成29年11月27日(月)15:00~17:00 (済)
 講演
 平成29年11月28日(火)10:00~(済)
(1社につき45分) 個別ヒアリング
【宗像・福津】会場:宗像市役所北館会議室
平成29年12月 5日(火)14:30~16:30
  講演
 平成29年12月 6日(水)10:00~
(1社につき45分) 個別ヒアリング
講師:ハラル・ジャパン協会     代表理事 佐久間朋宏
             シニアコンサルタント 園田夕雅
参加費用:無料
申込み先・問い合わせ先:
TEL 092-643-3218、FAX 092-643-3224
——————————————————
【※お願い】
現在ハラル・ジャパン協会事務局に電話連絡いただく自治体
、事業者様が非常に多く、せっかく電話頂いても、返信など
に少し時間かかる場合があります。
相談内容など内容まとめていただき、下記の問合せフォーム
で連絡いただければ、スピーディーに対応できます。
大変混みあってご迷惑かけますが、よろしくお願いします。
ハラル・ジャパン協会 問い合わせメール
⇒ http://www.halal.or.jp/contact/
———————————————————————–
※当協会はハラル(ハラール)認証団体ではなく、ハラルの知識教育、
調査活動、ハラル(ハラール)対応商品サービスのPRを主体とした団体です。
また特定の宗教団体にも属しておりません。
ハラル(ハラール)認証をご希望の場合には、ハラル(ハラール)認証の目的、
必要性、地域、予算などを伺い適切な認証団体をご案内いたします。
あえて取得が不要と判断する場合には取得をおすすめいたしません。
———————————————————————–

★社員研修、マニュアルつくり、ハラル認証サポート、ハラル商品開発、
テストマーケティング、人材採用、販路開拓(国内外)、広報PR、
海外ディストリビューター開発、マッチング等サポート等致します。

※企業研修・社員研修・ムスリム試食会・体験会等お受けします。
www.halal.or.jp/results/seminar.html

★全国47都道府県パートナー・実践会募集中!!★

バックナンバー
プレミアムフードショー Youtubeチャンネル 0円ハラル認証 補助金サポート 入会のご案内 講演依頼 ハラル対策ハンドブック 礼拝マット 礼拝用アコーディオンブース インドネシアハラル認証取得代行

提携先金融機関

全国各地域でのハラルビジネスの普及と包括的なサポートを目的とし、地銀18社様と業務提携をしています。

   アジア経営連合会 やまとごころ TOYAMA MUSLIM GUIDE 静岡ハラルポータル JAPANESE HEART シェアシマ シーフードショー シーフードショー大阪 Japan Muslim Guide HALAL DELI ハラルデリ

関連団体リンク

経済産業省 観光庁 ジェトロ JICA 中小機構