ご相談・お問合せ 電話でのご相談

[vol.501] 認証(ハラル、コーシャ)工場は約10%

2018.09.25

☆★ 目次 ★☆
01:コラム「認証(ハラル、コーシャ)工場は約10%」
02:ハラル・ジャパン協会からのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■01 コラム「認証(ハラル、コーシャ)工場は約10%」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お忙しい中、少しだけお邪魔します。
JHBAハラル・ジャパン協会の佐久間です。

先週は2回静岡県に伺う機会を頂きました。1回目は
東部の三島・沼津・伊豆エリア、2回目は西部の掛川・
御前崎エリアです。
東西に長い静岡県、東京からは近さも遠さも感じます。
鉄道、車などいろんな交通手段で行けるので、たまには
車で行き、いろいろ訪問できるいい距離かもしれません。
試してみたいです。

先週までの3連休の2本立て!?が終了し、少し落ち着いた
お父さん方も多いと思います。連休中の高速道路の渋滞
情報を聞くたびに、大渋滞で帰って次の日から仕事・・・
日本のお父さんはホントに大変!?と思います。

さて話は本日のテーマで、健康食品や化粧品の話題です。
健康食品、化粧品専門メディアのUBMジャパンがまとめた
調査があります。
調査数サンプルは100社未満でそんなに多くありませんが、
データとして少し総括してみます。
※UBMジャパン健康産業新聞データより解説

食品ではなく、健康食品・化粧品のハラル認証やコーシャ
認証、オーガニックなどの話です。

調査によると、健康食品(受託加工・製造)については
ハラル認証導入企業は11%、導入予定は4%と微増で、
あまり国内では広がっていないように感じました。
コーシャ認証導入企業は3%、導入予定が1%とこちらも
あまり増加傾向ではありませんでした。

ハラルは主に東南アジア向け、コーシャはアメリカ向け
輸出対策と考えると一番わかりやすいと思います。
このエリアにはこれからなのかもしれません。健康食品
(受託加工・製造)は現地生産等から広がり、輸出は
まだまだという印象です。

一方化粧品関係に注目すると、ハラル、コーシャ等の
認証より先に取るべき認証があり、優先順位が少し違う
事がわかります。

たとえば、調査によるとISO9001は導入済みが39%、
準備・検討しているが21%と合計で6割に達します。
化粧品GMPについては導入済みが21%、準備・検討して
いるが41%などこちらも合計6割を超えます。

意識の高さが伺えます。オーガニック認証が導入済み6%、
準備・検討が35%の合計約4割、ハラル認証が導入済み8%、
準備・検討が29%で合計約4割弱に比べると一目瞭然です。

GMP、ISO、FSSC、HACCP等の認証が企業担当者には
いま重要であり、化粧品はオーガニック認証が多いのは
注目です。この伸びしろは期待できそうです。

まとめてみると、商売の取引相手が求める資格・認証
取得よりも、グローバルで海外戦略を展開する時、日本
企業も戦略的に「優先順位」を付けた認証取得が必要
かもしれません。

そもそも認証は本当に必要なのか?から含めてテスト
マーケティングする必要あります。

引き続き宜しくお願いします。

————————————————-
佐久間朋宏(さくまともひろ)
出身:岐阜県下呂市
高校/大学:岐阜県立斐太高等学校普通科
 国立岐阜大学工学部工業化学科
現職:
(一社)ハラル・ジャパン協会 代表理事
(株)ジャパンハラルビジネスセンター所長
中小企業基盤整備機構 国際化支援アドバイザー
自治体国際化協会[CLAIR]プロモーションアドバイザー
農林漁業成長産業化支援機構 六次化プランナー
日本水産資源保護協会復興水産販路回復アドバイザー
みやぎ産業振興機構 海外販路開拓専門委員
ふじのくにしずおか観光振興 アドバイザー
NPO法人「日本で最も美しい村」連合会員
(一社)日本地域広告会社協会会員
(一社)観光マーケティング協会会員 等多数
————————————————-
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■02  ハラル・ジャパン協会からのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★1.【ニュース(インドネシア)】

KFC運営社、フードバス事業を強化

⇒(NNA )
www.nna.jp/news/show/1813694

日本の法律と海外の法律を比べる必要がありますが、
キッチンカー(フードトラック)も和食(日本食)を
普及するには必要な手法です。
屋台・フードコートに入ることも同じように大事で
「現地化」することがポイントです。インドネシアの
KFCはハラル企業です。

————————————————
★2.【 ニュース(インバウンド)】

東北の外国人宿泊客37%増、全国の伸び率上回る
                                    18年上半期
 ⇒(河北新報)
www.kahoku.co.jp/tohokunews/201809/20180920_72001.html

東北は全体の1%と数が少ないと言われながらも、海外での
誘客活動、受入環境整備等を一生懸命行っています。
雪・桜の東京・大阪・京都などとの季節ズレをうまく
使っていると考えます。そして雪・桜を同時に見ることが
できる環境もあります。
南北に長い東北6県は新幹線、空港と組み合わせて
タイ、台湾など「Wたい」+ マレーシア・インドネシア
からの観光客を見込めますので、受入環境を整えることが
大事です。

———————————————————-
★3.【 セミナー・アドバイザー派遣】

 『東京都主催 ムスリム旅行者受入セミナー・
アドバイザー派遣のご案内』

  東京都では、ムスリムをはじめ、多様な文化や習慣を
  持つ外国人旅行者が安心して快適に滞在できる受入
  環境の整備を推進しています。
  この度、外国人旅行者受入に必要な正しい知識やノウ
  ハウを習得して頂くため、関連事業者を対象にセミナ
  ーの開催・アドバイザー派遣を行うとともに、今年度
  新たに店舗見学・マッチング会を実施します。
  皆様の積極的なご参加をお待ちしています。

 ■対象事業者:
 飲食施設、宿泊施設、商業施設、観光施設、商店街、
 観光協会など

 事業詳細・お申し込みはコチラ
 <専用サイト>
 ⇒ www.first-gbp.jp/tokyo-inbound/
 <東京都産業労働局ホームページ>
 ⇒ www.sangyo-rodo.metro.tokyo.jp/tourism/kakusyu/handbook/

【セミナー概要(全8回・各回定員70名)】
 ◎複数セミナーへの参加が可能です
 ◎前半5回のセミナーはムスリム対応の基礎、事例、
   集客のテーマで構成
 ◎後半3回のセミナーは多様な文化習慣を持つ外国人
   旅行者対応として、ベジタリアン、グルテンフリー
   などの食の対応のほか、情報訴求、集客まで幅広い
   テーマで構成

  セミナープログラム・お申込はこちら
 ⇒ www.first-gbp.jp/tokyo-inbound/seminar/

 <ムスリム旅行者受入セミナー プログラム>
  ■第1回 ムスリム旅行者受入の基礎
    平成30年10月11日(木)13:00~14:45
    ★セミナー後に店舗見学会開催!
  ■第2回 ムスリム向けメニュー開発の基礎
 平成30年10月16日(火)13:30~16:30
  ■第3回 飲食店の先進事例
 平成30年10月18日(木)13:00~15:00
    ★セミナー後にマッチング会開催!
  ■第4回 飲食店・宿泊施設の先進事例
 平成30年10月23日(火)13:30~16:30
  ■第5回 ムスリムのニーズ、効果的なPRのコツ
 平成30年10月29日(月)13:30~16:30

 <外国人旅行者受入セミナー プログラム>
  ■第6回 外国人の多様な習慣・制限への対応
   平成30年11月2日(金)13:30~16:30
  ■第7回 多様な食習慣・制限対応のノウハウ
                            ・国内先進事例
   平成30年11月14日(水)13:30~16:30
  ■第8回 文化・習慣等を意識した集客・接遇
   平成30年11月21日(水)13:30~16:30

【店舗見学・マッチング会概要】
 ◎ムスリム等外国人旅行者の文化、食習慣・制限を
   学ぶことができる店舗見学・マッチング会を開催
 ◎店舗見学会は第1回セミナー(10/11)終了後、
   マッチング会は第3回セミナー(10/18)終了後に開催。
セミナーとあわせてぜひご参加ください

 店舗見学・マッチング会の詳細・お申込はこちら
 ⇒ www.first-gbp.jp/tokyo-inbound/matching/

 <店舗見学会 概要>
 ■日程:平成30年10月11日(木)14:45~16:30
※第1回セミナー後に実施
 ■定員:50名(先着順)
 ■コース:日進ワールドデリカテッセン、
   ビオセボン麻布十番店、アラブ・イスラーム学院

 <マッチング会 概要>
 ■日程:平成30年10月18日(木)15:00~17:00
※第3回セミナー後に実施
 ■定員:70名(先着順)
 ■場所:ビジョンセンター日本橋本館501

【アドバイザー派遣概要】
 ◎ムスリム旅行者受入対応、外国人旅行者受入対応の
   大きく2つのプログラムに分かれて実施、事業者の
   ニーズに対応した助言等を行うアドバイザーを派遣!
(支援例)ムスリムの嗜好に合わせたメニュー開発、
ベジタリアンメニュー開発に関するアドバイス、
 ムスリムまたは外国人の文化・習慣に配慮した接客に
    関する社員研修など

 ◎派遣プログラムの一環として、飲食店の実地研修も開催

 アドバイザー派遣の詳細・お申込はこちら
 ⇒ www.first-gbp.jp/tokyo-inbound/adviser/

 ■実施期間:平成30年10月1日(月)~平成31年2月28日(木)
 ■場所:事業者が希望する東京都内指定場所

 [実地研修について]
 ■対象:主に飲食施設
             (宿泊施設・商業施設等の飲食部門も含む)
 ■定員:各回15名
 ■場所・日時:
  1.ムスリム旅行者受入対応店
(1)「和食 折紙 浅草」(台東区)
平成30年11月26日(月) 15:00~16:30
(2)「CoCo壱番屋 ハラール新宿歌舞伎町店」(新宿区)
平成30年12月4日(火) 14:00~15:30(予定)
  2.外国人旅行者受入対応店
(1)「自由が丘 T’sレストラン」(目黒区)
平成30年12月6日(木) 15:00~16:30

  ご不明な点、ご質問は下記までお問い合わせください。
【東京都ムスリム等外国人旅行者受入セミナー
                        ・アドバイザー派遣事務局】
株式会社ファースト Global Business Promotion部
担当:栗原、岡部、斉藤
Tel. 03-3545-9811  e-mail: first-gbp@the-first.co.jp

————————————————
★社員研修・セミナー、マニュアルつくり、ハラル認
  証取得サポート、商品・メニュー開発コンサルティ
  ング、テストマーケティング、市場調査、外国人
  人材採用、販路開拓、輸出・進出・インバウンド
  コンサルティング、広報・PR、海外ディストリ
  ビューター開発等
※社員研修・セミナー、ムスリム試食会等開催中
⇒ mail@halal.or.jp

バックナンバー
プレミアムフードショー Youtubeチャンネル 0円ハラル認証 補助金サポート 入会のご案内 講演依頼 ハラル対策ハンドブック 礼拝マット 礼拝用アコーディオンブース インドネシアハラル認証取得代行

提携先金融機関

全国各地域でのハラルビジネスの普及と包括的なサポートを目的とし、地銀18社様と業務提携をしています。

   アジア経営連合会 やまとごころ TOYAMA MUSLIM GUIDE 静岡ハラルポータル JAPANESE HEART シェアシマ シーフードショー シーフードショー大阪 Japan Muslim Guide HALAL DELI ハラルデリ

関連団体リンク

経済産業省 観光庁 ジェトロ JICA 中小機構