ご相談・お問合せ 電話でのご相談

[vol.530] TPPスタートから2019年始まる。

2019.01.01

☆★ 目次 ★☆
01:コラム「TPPスタートから2019年始まる。」
02:ハラル・ジャパン協会からのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■01 コラム「TPPスタートから2019年始まる。」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お忙しい中、少しだけお邪魔します。
JHBAハラル・ジャパン協会の佐久間です。

新年あけましておめでとうございます。
ハラル・ジャパン協会は設立7年目です。今年も宜しく
お願いします。

さて本メールはタイマーではありません。リアルタイムで、
が基本配信です、当協会には年末年始がありませんので
ブラック企業!?ですね。(笑)

さきほどニュースを見ていたら、出国税が1月7日に
スタートします。
www.jiji.com/jc/article?k=2018122900279&g=pol

1月6日からバングラデシュに出張に行くので、今回は
出国税はかかりませんが、1月21日からまたまたバングラ
デシュに行くときはかかりますね??

2019年はハラルビジネスをどうとらえるか?
年末のできごとからの考察から考えてみます。アウト
バウンドには非常に有効ですが、インバウンドでも
可能性がありそうです。

まずアウトバウンドはTPPから考察です。

TPP、先行6か国で発効…21世紀型新ルール
⇒読売新聞
www.yomiuri.co.jp/economy/20181229-OYT1T50125.html

11か国は域内人口約5億人、国内総生産(GDP)
は約10兆ドル(約1100兆円)で、世界の約13%を占める
。先月30日の発効は日本のほかメキシコ、シンガポール、
ニュージーランド、カナダ、オーストラリアの6か国。
ベトナムでは1月14日に発効し、ペルー、チリ、ブルネイ
も近く手続きを終えるらしいです。

ハラル・ジャパン協会的には、シンガポール、マレーシア、
ブルネイのイスラム市場に改めて注目し、シンガポール
への輸出入でハラルに馴れる事も大事です。

これらの国とのハラルビジネスがより活発になるのは
当たり前ですがオーストラリア、ニュージーランドの
TPP参加で、ハラルミート(牛肉・羊)の日本への輸入量
が増えることもポイントです。そしてベトナムのハラル
食品工場での製品が日本に輸入されることも見逃せません。

もちろん時間はかかることですが、ハラルの牛タン、
ジンギスカンが輸入され、焼肉、牛丼、すき焼きなどを
ハラルにして安く食べられる。

北海道のジンギスカンや宮城の牛タンだけでなく、
日本中でムスリムが食べたい料理ベスト10の牛丼、
焼き肉、すき焼きなどが食べられるようになると思います。

次にインバウンド(観光・労務・留学)では業務用
スーパーの表示が台頭すると考えます。

⇒神戸物産(業務スーパー)ホームページ
www.gyomusuper.jp/item/list.php?gc_id=56

⇒大光(アミカ)
www.amicashop.com/products/list.php?transactionid=c3ef058a2f7793baeb9621f22675dc0c3646ecbd&name=%E3%83%8F%E3%83%A9%E3%83%AB&s_maker=&category_id=&s_kakaku_min=&s_kakaku_max=&s_ondo_id=&x=60&y=30

地方の業務用スーパーは就労者・留学生が利用する商品
の品ぞろえを充実させたコーナーを展開しています。
ベトナム、マレーシア等からの輸入品も多く、まさに
TPP諸国商品でもあります。ベトナムで生産して日本に
輸入することも益々多くなると思われます。

インバウンドは安価なハラル食材が普及して初めて
普通の日本食(和食)対応に進化して行くような気が
します。高単価帯路線からの進化で普及する、その
起爆剤である地方にある業務用スーパーからやはり目が
離せません。

今年も社員研修・セミナー、マニュアルつくり、ハラル
認証取得サポート、商品・メニュー開発コンサル
ティング、テストマーケティング市場調査、外国人
人材採用、販路開拓、輸出・進出・インバウンド
コンサルティング、広報・PR、海外ディスト
リビューター開発等を行います。
引き続き宜しくお願いします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
■02  ハラル・ジャパン協会からのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★1.【ニュース(ハラル)東京】

東京下町・王様製菓の「東京あられ」開発物語

⇒ライブドア
news.livedoor.com/article/detail/15796929/

正しく学び、じっくり実践。まさに日本企業らしい
ハラルビジネスの取り組みパターンです。まずは海外に、
新しい戦略の目を持つことが重要です。ハラルだけ
ではないですが、ハラルから始まる海外需要の可能性が
あります。

—————————————————————-
★2.【ニュース(輸出・インバウンド)日本】

TPPが発効 輸出追い風、国内農業試練

⇒東京新聞
www.tokyo-np.co.jp/article/economics/list/201812/CK2018123002000105.html

TPPはピンチとチャンスは表裏一体です。ピンチと捉える
か、またチャンスととられるか?はあなた次第です!(笑)
素直にチャンスと考え、輸出・進出またはインバウンドに
活用できないか?検討すべきと思います。

—————————————————————-
★3.【展示会(進出・輸出・人材)バングラデシュ】

DITF2019
ダッカインターナショナルトレードフェア開催情報

⇒JETROホームページ
www.jetro.go.jp/j-messe/tradefair/DITF_62045

昨年12月30日に総選挙も終わり、政治も安定し始めた
バングラデシュです、1月9日いよいよ開催です!ハラル
・ジャパン協会からもジャパンパビリオンに人員含め
参加致します。報告楽しみにして下さい。

—————————————————————-
★社員研修・セミナー、マニュアルつくり、ハラル認
  証取得サポート、商品・メニュー開発コンサルティ
  ング、テストマーケティング、市場調査、外国人
  人材採用、販路開拓、輸出・進出・インバウンド
  コンサルティング、広報・PR、海外ディストリ
  ビューター開発等
※昨年度セミナー実績
⇒ www.halal.or.jp/results/seminar.html
※社員研修・セミナー、ムスリム試食会等開催中
⇒ mail@halal.or.jp

バックナンバー
東京都ムスリム等外国人受入 プレミアムフードショー Youtubeチャンネル 0円ハラル認証 補助金サポート 入会のご案内 講演依頼 ハラル対策ハンドブック 礼拝マット 礼拝用アコーディオンブース インドネシアハラル認証取得代行

提携先金融機関

全国各地域でのハラルビジネスの普及と包括的なサポートを目的とし、地銀18社様と業務提携をしています。

   アジア経営連合会 やまとごころ TOYAMA MUSLIM GUIDE 静岡ハラルポータル JAPANESE HEART シェアシマ シーフードショー シーフードショー大阪 Japan Muslim Guide HALAL DELI ハラルデリ

関連団体リンク

経済産業省 観光庁 ジェトロ JICA 中小機構