ご相談・お問合せ 電話でのご相談

[vol.215] 観光庁・JNTOのおかげ

2015.09.08
最新ハラルニュース

========================================
☆★ 目次 ★☆
01: コラム 『 観光庁・JNTOのおかげ 』
02: お知らせ 『 ハラルジャパン協会からのイベント情報  』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■01  コラム 『 観光庁・JNTOのおかげ 』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは!ハラル・ジャパン協会の佐久間です。
まずは観光庁・JNTOが海外からの訪日観光客増の礎を作っていたき、
おかげで、インバウンド事業は活況となってきました。感謝申しげます。
もちろん外部要因、事業者努力もありますが流れを止めないことがとて
も大事です。

2014年の海外からの訪日観光客数は1341万人、そして、気にな
る今年の着地目標は1800-1900万人らしく、大幅な伸びです。
その中で我々ハラル・ジャパン協会としてムスリムの人数、比率が気に
なるところです。

もちろん宗教別に入国審査をしているわけではないので、正確な数字は
わからなくても大まかな数字がわかるけでもいいと思います。

今年8月に観光庁が満を持して遂に「ムスリムおもてなしガイドブック」
を作成いたしました。
⇒ www.mlit.go.jp/kankocho/news03_000137.html

非常に盛りくさんの内容です。学習しないと少し消化不良が起きるかも
しれまれませんが、一つの宗教に対して国が作成した大きな一歩と言え
ます。本当に感謝申しげます。勉強する教材がまたひとつ増えました。

その一方、地方自治体が先行し我々ハラルジャパン協会等とも協力しな
がら完成させたムスリムおもてなしガイドブックも各事業者、自治体から
素晴らしいと評価をいたいており、注目されています。

たとえば、沖縄の(一財)沖縄観光コンベンションビューローが作成した
「OKINAWAムスリム旅行者おもてなしハンドブック」です。
⇒ www.visitokinawa.jp/oin/manual/552
担当者の努力と事業者にとって大切な内容、そしてインバウンドムスリム
はどこまで対応すれば喜ぶのか?の葛藤に中で生まれ完成しました。

ガイドブック(教科書)は充実してきましたのでこれからは事業者が自社
に落とし込んマニュアルつくりが大切です。当協会は各社独自のマニュ
アルつくり、社員研修もたくさん実績がありますので、お問い合わせ下さい。
⇒ www.halal.or.jp/dl/manual.pdf

喜んでお手伝いさせて頂きます。


ところで、我々ハラルジャパン協会が最初に行った海外視察イベントは
2012年ののマレーシアの観光博(秋開催)でした。通称MATTAといい、
Malaysian Association of Tour & Travel Agents (MATTA)のことです。

MATTA FAIR Kuala Lumpur2015は2015年9月4日(金)~6日日)3日間開催
場所はクアラルンプールPutra World Trade Centre(PWTC)です。
⇒ www.mattafair.org.my/

JNTOブースには独立行政法人日本学生支援機構、茨城県、中部広域観光推
進協議会、小田急電鉄株式会社、三井不動産グループ、京都きものレンタ
ル夢館(ゆめやかた)、公益社団法人北海道観光振興機構、紀伊半島滞在
型観光プロモーション事業実行委員会、東日本旅客鉄道株式会社、雪国観
光圏、株式会社オリエンタルランド、富士急行株式会社、九州旅客鉄道株
式会社、西日本旅客鉄道株式会社、一般財団法人沖縄観光コンベンション
ビューロー、株式会社札幌かに本家、熊本県、東北観光推進機構など日本
全国の自治体、関連団体、企業がメイン会場にブースを出展されていた様
です。※順不同 敬称略

別日程で開催された地元旅行代理店との商談会にはリーガロイヤルホテルG、
北海道ツーリストセンター、公益財団法人京都文化交流コンベンション
ビューロー、株式会社日本旅行、GSE(南薩観光)、雪国観光圏、大阪観光局、
四国ツーリズム創造機構、静岡県、株式会社フィールジャパン with K、
愛知県・三重県、株式会社日本ツアーサービス、公益財団法人福島県観光
物産交流協会、岐阜県、アヤベックス株式会社、うめもり寿司学校、
(株)タビックスジャパン、山形県、山梨県笛吹市観光物産連盟
※ブース出展企業者割愛、順不同 敬称略

これはどの自治体、企業がマレーシアからのインバウンドに力を入れてい
るのか?がわかる、まさに早見表です。(汗)参考になれば幸いです。

ハラル・ジャパン協会はハラルビジネス関連情報量NO.1、そして情報利用
人数はNO.1です。まずは情報収集、教育研修で優位に立つことお勧めしま
す。ハラルジャパン協会の月ー金配信されるハラルニュースTODAYは世界
中、日本のハラル情報満載です。日本語、英語の両方ミックスでお届け致
します。一般会員限定ですが、ご興味のある方にはサンプルをお送りして
います。
⇒ info@halal.or.jp  サンプル希望

ハラルビジネスは「情報収集×教育研修」で解決できることたくさんあり
ます。まずは基礎から学んでみませんか?始まったばかりです。
ぜひチャンレンジしてみませんか?

————————————————————
非営利 一般社団法人 ハラル・ジャパン協会
代表理事 佐久間 朋宏
————————————————————
※当協会はハラルハラール)認証団体ではなく、ハラルの知識教
育、調査活動、ハラル(ハラール)商品サービスのPRを主体とし
た団体です。また特定の宗教団体にも属しておりません。
ハラルハラール)認証を希望する場合には、ハラル認証の目的、
必要性、地域、予算などを伺い適切な認証団体をご案内いたします。
あえて取得が不要と判断する場合には取得をおすすめいたしません
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■02  お知らせ 『 ハラルジャパン協会からのイベント情報  』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   -累計全国400人以上の修了生の信頼と実績ー

   ★第27期 ハラルビジネス講座 受講生募集★
   9月生 9月16日(水)17日(木)定員20名

   ⇒  www.halal.or.jp/event/lesson/?ml

複数のハラル認証機関の先生から直接指導を受けられます!
そしてハラル・ジャパン協会からもハラルビジネスの基礎など
(輸出・進出・インバウンド対応)の基礎(初級)が学べます。

・日本アジアハラール協会 国内・シンガポールに定評
・日本イスラーム文化センター 国内・中東(ドバイ)に定評
 複数社予定

今回も特別にハラル認証機関の宗教法人日本イスラーム文化センタ
ーにも特別講師をお願いしています。是非この機会に参加くさい!
ドバイに和牛を輸出しているハラル認証機関です。お楽しみに!!

・誰に聞いたらいいのかわからない?
・何から始めればいいのかわからない?

そんな方にピッタリの講座です。

 ⇒  www.halal.or.jp/event/lesson/?ml

ハラルの知識とマーケティング」を学ぶ事は重要です。経営判断
できる材料つくりが重要です。参加者はその分野のトップが多く、
食品企業はもちろん、外食大手、化学品メーカー、化粧品、健康食
品、資材メーカー、観光従事者、企画会社の担当者など幅広いです。

またハラル認証を取得された企業が再確認と、マーケティング修正
で来られるケースも多くなりました。皆さん、少し変化を感じてい
る様です。

日本を代表するような認証団体複数の意見を聞きながら戦略を考え
られる講座はここけです。

・ムスリムインバウンド対応してみたい企業
・アセアン・中東で販売をしてみたい企業
・初めてハラルを勉強される企業
ハラルの事業始めたけど行き詰っている企業
ハラル認証も取得した企業
・新商品開発でヒントが欲しい企業
ハラルに取り組むか悩んでいる企業
・イスラム教徒を雇用する企業

こんな方に参加いたいています。

ハラルの基礎が学べ、ハラルマーケティングもマスターでき、経営
判断の参考になると大好評の講座で、経営者の方、現場責任者の方
などさまざまな方が受講され、大企業・中小企業も全国から参加さ
れています。
イスラム教徒の基本とハラル認証の基礎とイスラムマーケティング
が理解できます。

イスラム圏(中東・アセアン・トルコ・アフリカ)対象国はもちろ
ん、輸出・進出(OEM生産)などアウトバウンド、観光客の対応
などインバウンドまで幅広く活きた学習が可能です。

まずはハラルの正しい知識を学び、ビジネスに活かす!
この機会にぜひご参加下さい。
 ⇒  www.halal.or.jp/event/lesson/?ml

9月16日(水) 11時~18時 4講座
(複数のハラル認証団体からの講義、助成金、ハラルを活用した
 マーケティングの基本講義)+有志による懇親会も大人気

前回はウズベキスタン料理をみんなで楽しみました。

9月17日(木)  10時~14時
 (ハラル実地体験(モスク見学・ハラルショップ)ハラル昼食、
 修了式  ※2日間合計10時間の講座内容となります。

お申込みは下記までお願いします。
http://halal.or.jp/event/lesson/?ml
————————————————————
★特別企画 !! オーガニックEXPO×ハラル・ジャパン協会企画

  ★オーガニックEXPO 2016 パビリオン出展のご案内★

非営利一般社団法人ハラル・ジャパン協会では、
2016 年 2 月 10 日(水)~12 日(金)に東京ビッグサイトで開催
されます「オーガニック EXP0 2016 together with BIOFACH JAPAN」
ナチュラル&エコ・プラザゾーンにて「ハラルジャパンパビリオン」
を出展いたします。

今回は「スーパーマーケット・トレードショー2016」「わり食品
フェア 2016」「デリカテッセン・トレードショー2016」「外食 FOOD
 TABLE2016」など各展示会と共に、「FOOD TABLE in JAPAN 2016」の
包括名称のもと同時開催いたします。

展示規模は全展合わせて東京ビッグサイトの東西全館を使用し、来場
者は他業態関係者を含め10万人を超える大規模展示会へ拡大する予定
です。

つきましては、より多くの皆さまにパビリオンへのご出展を頂きたく
下記のとおりご案内申し上げます。2月ですからま2015年度の
助成金対象展示会事業に該当いたします。

【オーガニック EXPO 2016 概要】
会 期:2016 年 2 月 10 日(水)~2 月 12 日(金)
会 場:東京ビッグサイト 西 4 ホール
主 催:オーガニック EXPO 実行委員会/
    株式会社スペースメディアジャパン
特別開催協力: ニュルンベルクメッセ
協 賛: 非営利一般社団法人 ハラル・ジャパン協会
2700mm(H)
【出展料金に含まれるもの】
■出展料金:160,000 円(税込価格:172,800 円)
 ※一般会員は+αの特典付き
■展示仕様
・展示カウンター(W1485×D700×H750、片側引き戸付き)
・壁面パネル ・蛍光灯×1 ・社名板×1 ・カーペット
■1スペースのサイズ:W1500×D1200×H2700
■主催者共有厨房(試飲・試食用)使用料込
申し込み、資料請求はオーガニック EXPO 事務局 宛
下記必要事項をご記入の上、FAX もしくは E-mail にてお申込み下さい。
Fax:03-3512-5680 E-mail:organic-expo@smj.co.jp

————————————————————
★食品開発展2015にてセミナー開催!!今年で3年連続開催決定

www.hijapan.info/
日時:10月7日(水)~9日(金)10時~17時
会場:東京ビッグサイト
主催:UBMメディア株式会社
来場者:45,000人

 ⇒ www.halal.or.jp/halalnews/event/2000/

 共同出展コーナーも併設
 ⇒ www.halal.or.jp/dl/2015shokuhin.pdf
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
テーマ:【輸出進出・インバウンドハラル認証と利用法】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◎共催:(一社)ハラル・ジャパン協会
◎日時:10月8日13時10分~17時

◎開催内容
1) 輸出進出・インバウンドのためのジャパン・ハラルとは
●地方発世界に~クールジャパンをどう売り込むか
(株)海外需要開拓支援機構(クールジャパン機構)
   投資連携・促進グループ 部長  遠藤 晋司 氏
●農業の6次産業化推進とハラルの役割
(株)農林漁業成長産業化支援機構(A-FIVE)
   投融資本部 統括部部長 植草 茂樹 氏

2) ハラル認証で成功するための条件とは~事例から学ぶ
 味の素、キユーピー、林兼産業(各社予定)

3) ハラルの国別対策とインバウンドハラルビジネス
(一社)ハラル・ジャパン協会 代表理事 佐久間 朋宏氏/
(宗)日本イスラーム文化センター事務局長クレイシ・ハールーン氏

◎聴講料金 12,000円
◎申し込み:イベント申し込みページより
ubmmedia.com/hi_stec/seminar/index.php#8

お申込みは⇒ www.halal.or.jp/halalnews/event/2000/
—————————————————————-
★ムスリム観光客を受け入れるために
 ムスリム・フレンドリー・ホスピタリティ研修10月13・14日開催!

2014年に過去最高を記録した訪日観光客数は2015年になってもその勢い
を維持し、7月には191.8万人の旅行者が日本を訪れたことが発表されま
した。これは単月として過去最高の訪日客数であり、年間の記録も再び
更新される見込みです。なかでも政府が効果的にプロモーションを展開
するインドネシアからの旅行客は50%以上の増加を見せており、今後も
ムスリム客の訪日は増加の流れが続くでしょう。

国内旅行業界でもムスリム対応への認知が少しずつ広まりつつあり
8月には政府観光庁がムスリムおもてなしハンドブックを作成したこと
を公表したことにより、さらに理解がふかまっていますが、一方で多く
の企業は個々の実情に照らした具体的な対応には戸惑いも見られます。

今回はマレーシア国際イスラム大学(IIUM)の国際ハラール研究研修所
(INHART)の副所長であり、ムスリム・フレンドリー・ホスピタリティ・
ガイドライン策定でも中心的な役割を果たされたノリア・ラムリ教授に
セミナーを開いていたくことになりました。具体的な質問にも対応で
きるよう質疑応答にも時間を取りましたので、ぜひご参加くさい。

日時:2015年10月13日(火)・14日 (水)2日間
会場:アットビジネスセンター東京駅
主催:マレーシア国際イスラム大学 国際ハラール研究研修所
一般社団法人ハラルジャパン協会、サスティメント㈱
後援:日本マレーシア友好議員連盟、公益社団法人日本マレーシア協会
対象:自治体ならびに観光業関係者の皆様
定員:40名
※連絡頂ければ、2日間のプログラム、参加費などメール致します。

バックナンバー
プレミアムフードショー Youtubeチャンネル 0円ハラル認証 補助金サポート 入会のご案内 講演依頼 ハラル対策ハンドブック 礼拝マット 礼拝用アコーディオンブース インドネシアハラル認証取得代行

提携先金融機関

全国各地域でのハラルビジネスの普及と包括的なサポートを目的とし、地銀18社様と業務提携をしています。

   アジア経営連合会 やまとごころ TOYAMA MUSLIM GUIDE 静岡ハラルポータル JAPANESE HEART シェアシマ シーフードショー シーフードショー大阪 Japan Muslim Guide HALAL DELI ハラルデリ

関連団体リンク

経済産業省 観光庁 ジェトロ JICA 中小機構