ご相談・お問合せ 電話でのご相談

[vol.325] マレーシアKLに山梨県のアンテナショップ出現

2016.08.30
最新ハラルニュース

=====================================================

[ハラル・ジャパン協会だより]   ≪2016.08.30 vol.325≫

一般会員:151社 情報会員:15396人  一般会員募集中!!

=====================================================
☆★ 目次 ★☆
01: コラム 「 マレーシアKLに山梨県のアンテナショップ出現  」
02: お知らせ「 ハラル・ジャパン協会からのお知らせ 」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■01 コラム 「 マレーシアKLに山梨県のアンテナショップ出現 」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

みなさん、こんにちは!
ハラル・ジャパン協会の佐久間です。
お仕事中ほんの少しお付き合い下さい。

台風10号が東北に上陸、あまり経験のないパターンです。
備えて、万全の対応ができればと思います。

当協会も、東京ビッグサイトで展示会出展とセミナーがあります。
外食ビジネスウィーク⇒ www.gaisyokubusiness.jp/seminar/cat2.php
出展社セミナー   ⇒ www.gaisyokubusiness.jp/

お足元が悪いかもしれませんが、お時間頂き
ブースやセミナーに立ち寄って頂ければと思います。

さて、日本から遠く離れ、アフリカの話です。
TICADを皆さんはご存知ですか?
「Tokyo International Conference on African Development
(アフリカ開発会議)」の略であり、
アフリカの開発をテーマとする国際会議です。

1993年以降、日本政府が主導し、国連、国連開発計画(UNDP)、
アフリカ連合委員会(AUC)及び世界銀行と共同で開催してい
ます。2013年6月には、横浜において5回目となる
「TICAD V(第5回アフリカ開発会議)」を開催しました。

実はこの時、食事対応も内輪の話ですが話題になりました。(汗)
ハラル?ベジタリアン?などなど含め、です。

第6回目のTICADは初のアフリカ開催であり、2016年8月27日、
28日にケニアのナイロビで開催されました。

もちろん安倍首相も参加され、アフリカと日本のパイプが、
更に一層強いキズナで結ばれたと感じました。
チャンスですね?

エジプト、チュニジア、モロッコ、ナイジェリア、セネガル、
ジブチ、南アフリカと貿易をしている会社が、
ハラル・ジャパン協会の会員・支援企業にもいます。

アフリカとのパイプをお探しの企業様には、ぜひ当協会の
商談会、セミナーなどへお気軽にご参加下さい。

今度は東南アジアから、昨日こんなニュースがありました。

山梨県がKLに常設店、果物やワインを販売
www.nna.jp/articles/show/20160829myr004A

ハラル商品ばかりではありません!(笑)

ついに都道府県も、東南アジアにアンテナショップをオープンしました。
ポイントは「常設」ということで、短期でははなく中長期の視点で
予算化され実施されている点です。

強い知事の公約とリーダーシップがあるようですが・・・

記事によると、
「マレーシアのクアラルンプール(KL)の中心部、
ブキビンタンの商業施設パビリオン内に、県産品販売や
観光情報などを発信する常設のアンテナショップ
『富士の国やまなし館KL』を開設した。

アンテナショップは、パビリオン6階の『トーキョー・ストリート』
近くに位置する。店舗では桃、ブドウなどの果物、ジュース、ワイン、
清酒のほか、ゆばやほうとうなどの加工食品も販売している。

特産品販売のほか、富士山や1300年の歴史がある西山温泉などの観光
情報などを発信していく。」とあります。

日本酒やワインもありますが素晴らしい試みで、富士山や温泉の宣伝と
インバウンドとアウトバウンドを両立させ、とてもいい試みです。

「インバウンドとアウトバウンドの両輪」です。

昨年の、同県からマレーシアへの果物輸出は300万〜500万円。
また、2015年に同県に宿泊したマレーシア人観光客は約2万5,000人に上ります。

山梨に本社があるシャトレーゼは、東南アジアや中東に進出・輸出しており、
官民が一体となって行う統合プロモーションで展開しているようです。

海外の拠点はいままで、北海道や京都などが先行していたイメージがありますが、
47都道府県が東南アジアや中東に拠点を常設設置する時代が来た予感がします。

10月以降にハラルビジネス実践会でマレーシアのアンテナショップの
セミナーなど開催したいと思います。

第45回ハラルビジネス実践会 ⇒ www.halal.or.jp/service/seminar/

日本国内でも、東京で小さいながらも地方の産品を常設店舗で宣伝しながら販売する、
まったくそれと同じです。

収益より実績です。イスラム圏でアンテナショップ運営の話も多くなる
と思います。ますます忙しくなると、ちょっと心配ですが嬉しいです。(汗)

引き続き宜しくお願いします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■02 お知らせ 『 ハラル・ジャパン協会からのお知らせ 』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★「第45回ハラルビジネス実践会・東京」

2016年9月20日(火)19:00-

アットビジネスセンター東京駅
abc-kaigishitsu.com/tokyo_yaesu/access.html

定員:20名

参加費:3,000円 会員無料 ※領収書アリ

講演テーマ 「ベジタリアンの可能性」
NPO法人日本ベジタリアン協会 代表理事(会長)垣本 充 氏
www.jpvs.org/

[講師経歴]
関西学院大学理学部卒業、大阪府立大学大学院修了、歯学博士。
IVU(国際ベジタリアン連合)学術理事、大阪女学院大学教授などを
経て、現在、NPO法人日本ベジタリアン協会代表、
      日本ベジタリアン学会理事長。

[主著] : 21世紀のライフスタイル
     「VEGETARIAN-ism」(フードジャーナル社)等

申込:www.halal.or.jp/service/seminar/regist.html

———————————————————-
★「新潟県小千谷市に、錦鯉を目的に外国人がやってくる!?」

新潟県小千谷市は、錦鯉のゆかりの地として外国人に注目されています。
というのも、錦鯉人気が海外で盛り上がっており、今では全体の売り上げの
約8割が海外への輸出となっているからです。
それに伴い、買い付けにやって来る外国人富裕層が増えましたが、
まだまだ観光に結びつくまでには至っていません。
そこで、もっと一般の外国人も増やそうと取り組みを進めています。

【今回のポイント】
・錦鯉の生産地としてブランディングを進め、海外でも知られる
 ようになった
・一般の外国人にも錦鯉の魅力を理解してもらう取り組みを進め
 ている

詳しくはこちらからどうぞ。(出典:自治体国際化協会)
→  clair-inbound.net/ojiyanishikigoi/?mail

———————————————————-
★ハラルアカデミー
<初級・中級者向け>「ハラルビジネス講座」
<入門・初級者向け>「ハラルマーケット視察ツアー」

 9月14日(水)・15日(木)東京開講! 受講生募集中

あの人気のハラルビジネス講座がリニューアルされました。
「実地見学編」と「実践理論編」の2つのコースを、毎月連続した
2日間で開催します。これらのコースを併せて受講されますと、
実地見学と座学の両方から多角的に学ぶことができ、おすすめです。

■<初・中級者向け/実践理論編>————-
9月15日(木)「第39期ハラルビジネス講座」

ハラルビジネスへの取り組み方を決定し推進するにあたって
「ハラルビジネスの本質」を理解するための座学講座です。

【スケジュール】
【第1講義:ハラルビジネスの基礎とイスラム教の基本】
10:00 – 11:30(90分)
[講師] ハラル・ジャパン協会 代表理事 佐久間朋宏
 ・ムスリムとは? ・なぜハラルビジネスに参入するのか
 ・ハラルとは?  ・ハラル認証とは何か?
 ・ハラルのマーケットの市場は?
 ・ハラルビジネスへの参入方法
  ※ハラル認証団体徹底研究も致します

【昼 食】11:30 – 12:30
皆さんと講師で「ハラル弁当」を食べながら、自己紹介、
質疑応答など

【第2講義:ハラルマーケティングの基本】
12:30 – 14:00(90分)
[講師] 代表理事 佐久間朋宏
 ・インバウンド ・観光客・在日イスラム教徒
 ・輸出 ・進出・国別対策・業種別対策・人材
 「HAVO」のススメ・ニュースから読み解く

【第3講義:国内・海外の事例徹底研究】14:30 – 16:00(90分)
[講師] 調査担当コンサルタント 中川圭吾 
 ・食品、非食品、ホテル・レストラン・商業施設、その他

【休 憩】16:00 – 16:30

【第4講義:総括】16:30 – 18:00(90分)
[講師] ハラル・ジャパン協会 代表理事 佐久間朋宏
    +多彩なゲストプレゼンター(予定)
・ワークショップ形式も取り入れ、一日の講義の振りかえり
※講座終了後には参加者有志による懇談会
(ハラルラーメン、焼肉など話題のハラルレストランで開催予定

受講料:27,000円(税込)※会員割引価格

◎お申込み、詳細は
 ⇒ www.halal.or.jp/service/academy/regist.html

■<入門・初級者向け/実地見学編>———–
9月14日(水)「第39期ハラルマーケット視察ツアー」

このツアーでは、日本最大のモスクとムスリム向け商品を置いて
いる小売店を見学します。ハラルビジネスの第一歩を、この視察
ツアーで始めませんか。

【スケジュール・視察コース】
【東京ジャーミィ&トルコ文化センター】10:00 – 11:30(90分)
・マスジド(モスク)としては日本最大の「東京ジャーミィ」など
を見学し、イスラムの考え方、文化を学びます。

【移動】11:30 – 12:00(30分目安)
・参加者同士で交流しながら電車と徒歩で移動。
 皆さんからのご質問に答える時間にもなります。

【ミニレクチャー、懇談会】12:00-12:30(30分)
・調査担当の中川が、日本や海外のムスリム向け商品や
サービスの現状をお話しながら、皆様のご質問にお答えします。

【ハラル商品の販売店】12:30 – 13:00(30分)
・国産品と輸入品のハラル商品が並ぶ外国人向けスーパーを視察。
中川が解説いたします。視察後、解散。

◎お申込み、詳細は
⇒ www.halal.or.jp/service/academy/regist.htm
———————————————————-
★ 輸出進出・インバウンド推進のためのハラルセミナー ★

10月6日(木)食品開発展記念セミナー 東京ビッグサイト

「2020年に向けてのハラルビジネスの可能性」
共催:UBMメディア(株)・(一社)ハラル・ジャパン協会

第1部〈 調査編〉「ハラルフードの国内流通の実態と今後の展望」

デロイト トーマツコンサルティング合同会社
マネジャー 原 真一郎

第2部〈 輸出・進出・インバウンド事例編〉

「輸出・進出及びインバウンド対応の最新のハラル対応事例」

アピ、明治、トリガーズ、王様製菓

第3部〈 総括〉「 2020年に向けてのハラルビジネス展望」

(一社)ハラル・ジャパン協会 代表理事 佐久間 朋宏
お申し込みはこちら ⇒ www.hijapan.info/seminar/index.php

———————————————————-
■新加入一般会員情報(業種・エリア)
・ナシ
———————————————————-

バックナンバー
プレミアムフードショー Youtubeチャンネル 0円ハラル認証 補助金サポート 入会のご案内 講演依頼 ハラル対策ハンドブック 礼拝マット 礼拝用アコーディオンブース インドネシアハラル認証取得代行

提携先金融機関

全国各地域でのハラルビジネスの普及と包括的なサポートを目的とし、地銀18社様と業務提携をしています。

   アジア経営連合会 やまとごころ TOYAMA MUSLIM GUIDE 静岡ハラルポータル 海外ビジネスEXPO2019 JAPANESE HEART シェアシマ Japan Muslim Guide HALAL DELI ハラルデリ

関連団体リンク

経済産業省 観光庁 ジェトロ JICA 中小機構