ご相談・お問合せ 電話でのご相談

[vol.425] 日本の調味料は世界に羽ばたく!?

2017.08.07
最新ハラルニュース

=====================================================
[ハラル・ジャパン協会だより]   ≪2017.0807 vol.425≫
=====================================================
☆★ 目次 ★☆
01:コラム「 日本の調味料は世界に羽ばたく!? 」
02: お知らせ「 ハラル・ジャパン協会からのイベント・情報 」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■01 コラム「 日本の調味料は世界に羽ばたく!? 」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
みなさんこんにちは!
一般社団法人ハラル・ジャパン協会の佐久間です。
暑くて汗がポタポタ額から滝のように流れる季節です。
しかも台風が来ていますので被害がないといいですが、
暦の上ではもう立秋、まだまだ暑い夏が続きます。
暑い期間は意外に短いです。
さあ、ビッグニースが到来です。
満を持して、大手醤油調味料の雄「キッコーマン」が
ハラル認証を取得です!

キッコーマン/ムスリム観光客に対応できる「ハラールしょうゆ」


(メーカーニュース)
記事によるとオランダのハラル認証取得、
・なぜオランダのハラル認証?
・なぜサイズが1リットルサイズか?
・なぜグルテンフリーを打ち出すのか?
ハラル・ジャパン協会の会員企業なら、
またハラルビジネス講座を受けた修了生なら
わかりまよね。(汗)
学習したかたならわかります。
⇒ http://www.halal.or.jp/service/academy/
中小企業だけではなく、大手企業も動き始めましたから、
本当の意味でのこれからハラルビジネスのスタートです。
ところで、日本の調味料が世界進出して行くタイミング
を大きく分けて考えてみます、
第一世代は味の素が約100年前に世界に
飛び出し、世界の調味料になりました。
しかもイスラム市場も大きく取り組み、大当たり
発展、成長して来ましたことは皆さんもご存知ですよね?
しかも味の素の国内売上は50%以下だそうです。
そして世界中にたくさんのハラル認証工場を有する
日本を代表するハラル企業※です。
※ハラル企業とはハラルビジネスに取り組む企業の代名詞
でハラル・ジャパン協会が命名致しました。
そして第二世代になると、
大手醤油のキッコーマンが50年以上も前に
世界に醤油(Soy sauce)を輸出して来ました。
海外の日本の醤油=キッコーマンと言っても過言では
ありません。
しかし海外で醤油と言ったら、それはアジア系外国企業
の醤油が魚醤も含め非常にたくさんあります。
日本人がいて住んでいるところや、日本食レストラン
がある日本食の店にも醤油はありますが、、、
全ては日本の醤油ではないようです。(汗)
徐々に寿司(SUSHI)が広がり、醤油も広がり、
日本を代表する食事が寿司になりました。
回転寿司も海外でもとても人気です。
醤油も日本を代表する調味料のひとつです。
そして第三世代になると、
中国・韓国中心にした東アジアに輸出、進出、
インバウンドでの日本食ブームですので、日本の調味料も
とても売れ始めていますが、ここ最近の話です。
今後の話ですが、
3.0世代の後世界に行く調味料(原料)はハラル対応した
調味料で東南アジア、中東等に向けたハラル対応の
日本の調味料であると思います。
外国人には発酵食が苦手な方もまだ多くいますし、
醤油含めた塩分が強いものも苦手な人もいますが、
和食(日本食)はユネスコ無形遺産文化登録世界遺産
ですから、今後は広がると予想されます。
そして「ヘルシー」「長寿」もセットになり、ブランド化
できたらさらに強力に海外に発信されていくと思います。
どちらにしても「調味料」と「肉」がハラル対応の
ポイントですから・・・
まだまだ暑い夏、台風の進路にも気を付けて下さい。
引き続き宜しくお願いします!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■02 お知らせ 『 ハラル・ジャパン協会からのお知らせ 』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★観光マーケティング分野で著名な専門家を講師陣に迎えた
「JLAA 観光マーケティング実務責任者養成講座」
受講生募集!
<定員100名>
10月27日(金)・28日(土)東京会場 開講決定!!
主催:一般社団法人日本地域広告会社協会
後援:観光庁
協力:(一社)ハラル・ジャパン協会など各社
www.jlaa.jp/jlaatmo/index.html
観光マーケティング分野の実務責任者を全国的に育成するため、
「JLAA 観光マーケティング実務責任者養成講座(通称:TMO)」
を10月27日、28日に東京で実施致します。
この講座の最大の特長は、観光の講座ではなく、観光地域づくり
(マネジメント)で、観光マーケティング、プロモーション戦略、
商品造成などの第一線で活躍する著名な専門家が講義するところ
にあります。また、修了テストで合格した受講者は「JLAA 観光
マーケティング実務責任者」として履歴書(職務経歴)や名刺に
記載して活動できます。特にインバウンド人財不足が懸念されて
いる地方では必要不可欠な人材スキルです。
主な講師としては、
山田 桂一郎・JTIC SWISS 代表、
大友 信秀・金沢大学法学系教授、
井上 弘司・CRC 合同会社(略称:地域再生診療所)代表執行役、
鈴木 秀樹・株式会社鹿島アントラーズ・エフ・シー取締役
山下 真輝 株式会社ジェイティビー国内事業本部観光立国推進担当
吉井 靖 株式会社うぶすな 代表取締役
佐藤 純也 株式会社らしく 代表取締役
菅原 豊  戦略PRプロデューサー
菅野 弘達 株式会社ソーシャルメディアマーケティング代表取締役
そうそうたる著名のプロ講師が担当し、
観光マーケティングのプロDMO人材を育成いたします。
www.jlaa.jp/jlaatmo/member.html
対象者は地方自治体、観光関連事業者、DMO、旅行会社、
広告会社、企業、団体など観光マーケティングに興味ある
様々な方が対象になり、幅広い方が対象になります。
ここで、
ハラル・ジャパン協会から素敵なプレゼントです!
受講料は1名 50,000 円(テキスト代含む)ですが、
1人3,000円OFF、2人申込みで合計10,000円OFFです。
※先着あと15名様のみお早目に申し込みください!
※ハラル・ジャパン協会からの申込と記載下さい。
申込方法:当協会ホームページからお申し込みください。
www.jlaa.jp/jlaatmo/entry.html
お問い合わせは
一般社団法人 日本地域広告会社協会 TMO講座事務局
担当:廣田、菅原
TEL:03-3459-6194 Email:contact@jlaa.jp
——————————————————-
★クレア・インバウンドライブラリー
【静岡県袋井市】
ラグビーワールドカップの開催会場の静岡県袋井市が、
外国人受入れに向けホームステイなど新しい取組を進める
静岡県袋井市に所在するエコパスタジアムは、2016年に
ラグビーワールドカップ2019の開催会場の一つに決定した。
ワールドカップ開催時には外国人が押しかけてくることが
予想される。袋井市はこの機会を活かし、「まちの国際化」
を達成するための一つの手段として、ホームステイを推進し
市民の経験や財産につながる取組を検討するため、外国人
モニターを招いた体験宿泊などの取組を進めている。
【ポイント】
・ラグビーワールドカップ開催を契機として、
まちの国際化を意識
・外国人モニターの体験ホームステイを実施して、
実現の可能性を探る
詳しくはこちらからどうぞ。
⇒  clair-inbound.net/hukuroi/
提供:(財)自治体国際化協会
代表佐久間はクレアプロモーションアドバイザー
お近くの市町村自治体関係者はご相談下さい。
——————————————————

バックナンバー
プレミアムフードショー Youtubeチャンネル 0円ハラル認証 補助金サポート 入会のご案内 講演依頼 ハラル対策ハンドブック 礼拝マット 礼拝用アコーディオンブース インドネシアハラル認証取得代行

提携先金融機関

全国各地域でのハラルビジネスの普及と包括的なサポートを目的とし、地銀18社様と業務提携をしています。

   アジア経営連合会 やまとごころ TOYAMA MUSLIM GUIDE 静岡ハラルポータル JAPANESE HEART シェアシマ シーフードショー シーフードショー大阪 Japan Muslim Guide HALAL DELI ハラルデリ

関連団体リンク

経済産業省 観光庁 ジェトロ JICA 中小機構