ご相談・お問合せ 電話でのご相談

[vol.565]  米中貿易戦争とハラルビジネス

2019.05.14

☆★ 目次 ★☆
01:コラム「米中貿易戦争とハラルビジネス」
02:ハラル・ジャパン協会からのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■01 コラム「米中貿易戦争とハラルビジネス」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お忙しい中、少しだけお邪魔します。
JHBA(一社)ハラル・ジャパン協会の佐久間です。

朝ニュースを斜め読みしていたら、
「仁徳天皇陵、世界遺産へ ユネスコ機関が登録勧告!」
が飛び込んできました!

世界遺産は外国人観光客も増えるいいキッカケになるので
とても嬉しく、令和時代の第一号世界遺産登録です。
国連教育科学文化機関(ユネスコ)から、天皇や皇族が
葬られた「陵墓」が世界遺産になるのは初めてらしい。
これもご祝儀!?事案かもしれませんね。(汗)

さて同じく令和時代にに入ってから激しさを増すのが、
米中貿易戦争で、止まる様子も全くありません。
GDP第1位のアメリカと第2位の中国との「経済戦争」
ですから、GDP第3位の日本にも様々な分野で被害が
でない訳がありませんし、いいことはありません。

ずーっと昔から1本足打法(特定国や特定企業に頼る)
はリスクがあることは知られてはいますが、一度慣れ
親しんだ国との貿易など商売の方法はなかなか変えられ
ませんし、難しいかじ取りです。

もともと我々ハラル・ジャパン協会は2010年頃、
チャイナ+1のリスク分散の新しい受け皿としての
ハラルビジネスの提言を目的として設立しました。
まさにマーケットの要望、時代の流れで、アセアン
(東南アジア)だったり、中東だったり、南西アジア
(インド、パキスタン、バングラデシュ)だったりの
進出、輸出を目指しました。

ここにきて再度、米中貿易戦争の影響から、輸出・進出
及びインバウンド分野の相談が急に増えてきています。
以前と同じ外国の諸事情で、我々が変化するスタイルに
今回もなりそうです。

原点回帰で、再度東南アジアイスラム市場(マレーシア、
インドネシア、シンガポール)、中東(UAE、エジプト、
サウジアラビア、イラン)、南西アジア(インド、バン
グラデシュ)などを研究しませんか?

と再度提案をしたいです。ハラル認証取得がメインで
なくても方法はいくつもあります。
進出には飲食店やレストランを作る以外に、工場建設や
OEM工場で委託しながらハラルビジネスを展開すること
も可能です。

東南アジア・南西アジア
インドネシア、マレーシア、ブルネイ、(シンガポール)
(タイ)パキスタン、バングラデシュ、モルディブ、
(インド)

中央アジア
ウズベキスタン、カザフスタン、キルギス、タジキスタン、
トルクメニスタン、(ロシア)

中東・ヨーロッパ
アラブ首長国連邦、サウジアラビア、オマーン、カタール、
クウェート、バーレーン
イラン、イラク、アフガニスタン
シリア、パレスチナ、ヨルダン、レバノン
トルコ、アルバニア、アゼルバイジャン、

アフリカ
エジプト、カメルーン、ギニア、セネガル、ナイジェリア、
チュニジア、ジブチ、モロッコ、コートジボワール、リビア
ガイアナ、ガボン、ガンビア、ギニアビサウ、アルジェリア、
イエメン、ウガンダ、スーダン、スリナム、ソマリア、マリ、
シエラレオネ、チャド、トーゴ、ニジェール、モザンビーク、
ベナン、モーリタニア、コモロ、ブルキナファソ

などのイスラム国家があります。
この中の1つの国とご縁を作ることはとても大事です。
新しい突破口としてハラルビジネスでチャレンジは、
とてもチャンスがあると思います。やっぱり人と違うこと
をやることから始まります。

5月も後半戦宜しくお願いします。

ハラルビジネスを「学ぶ。」から「実行。」へ
引き続き宜しくお願いします。
今日もグッドジョブ!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■02 ハラル・ジャパン協会からのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★1.【ニュース(ハラル認証)静岡】

カネ松製茶(静岡県島田市)がインドネシアハラル認証取得

製茶会社としては全国初となるインドネシアハラール認証を
取得しました。当面は抹茶やほうじ茶などの商品でイスラム
圏での消費拡大を目指す。インドネシアは今年10月にハラル
に関する法改正が始まり、輸入規定などが厳格になっている
状況を受け、インドネシアの認証機関「LPPOMMUI」
から認証を受けた。今年はインドネシアマーケティングから
目が離せないので注目です。

—————————————————————-
★2. 【展示会(ハラル関連)東京】

FABEX2019特集:
プレミアム・フードショー2019 食のバリアフリーへ対応
日本食糧新聞

「プレミアム・フードショー2019」は、「ハラールマーケット
フェア」「ベジタリアンフードゾーン」「グルテンフリー
コーナー」「オーガニックフードEXPO」で構成。出展各社が
“食のバリアフリー”対応の高付加価値商品を提案した。

プレミアム(特別)な食材を集めた新装「プレミアム・フード
ショー」の特別企画として、毎日100個限定の「プレミアム・
ランチボックス」(ハラール+ベジタリアン弁当、オーガニック
弁当、グルテンフリー弁当)を販売し、同展をアピールした。
特別セミナーでは、「オーガニックマーケティングセミナー」
や「オーガニックレストランJAS認証取得実践セミナー」を
はじめ、世界と日本の食の最新トレンドが紹介された。

ハラールマーケットフェアでは、初日にダト・ケネディ・ジャ
ワン駐日マレーシア大使が来場し、オープニングセレモニーと
MOU調印式が行われた。

また、日本のハラールビジネスに貢献した優れたサービスや食品
・食材の提供企業・団体を表彰する「ハラールフードアワード
2019」表彰式も開催。「インバウンド部門」最優秀賞は静岡県
経済産業部産業革新局マーケティング課、「外食・ケイタリング
部門」最優秀賞はロイヤルが受賞。「ソース・調味料部門」は、
最優秀賞をエスビー食品とオタフクソースが揃って受賞、ヤマト
醤油味噌が優秀賞を受賞した。

—————————————————————-
★3. 【展示会・セミナー(インバウンド)北陸3県】

第7回フードエキスポinHOKURIKU2019 開催
ハラル・ジャパン協会も後援、セミナー、出展します!

フードエキスポinHOKURIKU2019 (富山県高岡市)
www.insapo.com/foodexpo/

2019年6月18日(火)、6月19日(水)2日間開催します。
富山県のムスリム対応事業者と出展予定でセミナー
もあります、お近くの方はぜひご参加ください。
会場は高岡テクノドーム・(一財)富山県産業創造
センターです。

—————————————————————-
★社員研修・セミナー、マニュアルつくり、ハラル
認証取得サポート、商品・メニュー開発コンサル
ティ ング、テストマーケティング、市場調査、
外国人人材採用、販路開拓、輸出・進出・インバ
ウンドコンサルティング、広報・PR、海外ディス
トリビューター開発等
※昨年度セミナー実績
⇒ http://www.halal.or.jp/results/seminar.html
※社員研修・セミナー、ムスリム試食会等開催中
⇒ mail@halal.or.jp

◎2019年4月19日(金)“日本で安心の食事を”
おはBiz NHKニュース おはよう日本
⇒https://www.nhk.or.jp/ohayou/biz/20190419/index.html

バックナンバー
東京都ムスリム等外国人受入 プレミアムフードショー Youtubeチャンネル 0円ハラル認証 補助金サポート 入会のご案内 講演依頼 ハラル対策ハンドブック 礼拝マット 礼拝用アコーディオンブース インドネシアハラル認証取得代行

提携先金融機関

全国各地域でのハラルビジネスの普及と包括的なサポートを目的とし、地銀18社様と業務提携をしています。

   アジア経営連合会 やまとごころ TOYAMA MUSLIM GUIDE 静岡ハラルポータル JAPANESE HEART シェアシマ シーフードショー シーフードショー大阪 Japan Muslim Guide HALAL DELI ハラルデリ

関連団体リンク

経済産業省 観光庁 ジェトロ JICA 中小機構