ご相談・お問合せ 電話でのご相談

[vol.570]  ハラルビジネスは九州から・・・

2019.05.31

☆★ 目次 ★☆
01:コラム「ハラルビジネスは九州から・・・」
02:ハラルジャパン協会からのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■01 コラム「ハラルビジネスは九州から・・・」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お忙しい中、少しだけお邪魔します。
JHBA(一社)ハラルジャパン協会の佐久間です。

今日は九州に来ています。昨日は宮崎に泊まりました。
夕食は宮崎で頂きましたが、肉も野菜も産地が近く
新鮮で本当に美味しかったです。

野菜といえば、ベジタリアンの語源がベジタブルでは
ないことを皆さんご存知でしたか?
「心身ともに健康で活き活きしている」という意味の
ラテン語「Vegetus」から来ているそうです。
ですから、野菜を食べていなくても、身体に悪いと
されている肉食を避けていればベジタリアンなんだ
そうですよ。業務提携先の日本ベジタリアン協会の
垣本代表から、以前教えて頂きました。

さて九州、北海道はハラルビジネスで有利だと感じる
事があります。それは大消費地の東京から遠いため
最初から輸送費用を考慮しており、競争力が自然と
身についており海外展開、輸出に対応しやすいという
ことです。通信販売の大手が九州には多いのはそうした
理由もあるのでしょうか?

味付けに用いる調味料類も他のエリアと少し違います。
特に九州圏の甘い醤油はイスラム教徒の人達には最高
です。(笑)九州は日本の中でも暖かいエリアで南国に
似ているせいか、甘めのはっきりした味付けは東南
アジアのムスリム好みだと思います。特に鹿児島、
熊本、宮崎の料理はパラダイスです。チキン南蛮などは
大好きなんだろうなぁと思いながら昨日食べました。

肉を多く食べるので、ハラルビジネス、ベジタリアン
的なところは要検討ですが、九州にはハラル牛、ハラル
の産地があります。ハラルの肉が手に入りやすいという
ことは非常に重要です。ハラル肉が手に入れば、ムスリム
対応のハードルはぐっと下がります。

まずは受入環境整備から始めませんか?
ハラルジャパン協会事業者向けサービスでは、
★ムスリムインバウンド・MICE対策

・従業員研修(セミナー・研修会)
・東南アジア・中東等テストマーケティング
・メニュー開発・おみやげ開発
・ムスリム試食会・モニターツアー
※国内ムスリムテストマーケティング
・事業者マニュアル作成、推奨マーク作成
・アドバイザー・専門家派遣
・国内・海外展示会出展及び運営代行

★輸出・進出・外国人労働者対策

ハラル認証可能性診断(ハラル認証団体選定含む)
ハラル認証取得サポート
・推奨マーク作成
・東南アジ・中東等テストマーケィング
・バイヤーマッチング商談(国内外)
・国内 ・海外展示会出及び運営代行
・ムスリム向け商品開発
※国内ムスリムテストマーケィング
・従業員研修(セミナー・研修会)
・アドバイザー・専門家派遣

6月に入ると、ハラルビジネス講座のパイオニア、
2013年4月開講の信頼と実績の550人以上が修了した、
ハラルビジネスアカデミー「ハラルビジネス講座」
1日集中コースが始まります。

ハラルジャパン協会主催
www.halal.or.jp/halalnews/event_report/6452/
www.halal.or.jp/service/academy/regist.html

2013年4月にスタートさせ、毎月東京開催、出張会場で
沖縄開催などの実績催もある人気のプログラムです。
今まで550人以上を修了生を輩出してきました。
ハラルとは、イスラム教の基礎、日本・海外のハラル
ビジネス、商品開発から、ハラル認証の基礎の座学も
一緒に学べ、東京のハラル実践施設を解説付きで見て
まわり体験して頂き、修了証ももらえる短期集中コース
だからです。

6月も引き続き宜しくお願いします。

ハラルビジネスを「学ぶ。」から「実行。」へ
引き続き宜しくお願いします。
今日もグッドジョブ!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
■02  ハラルジャパン協会からのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★1.【ニュース(インバウンド)日本国内】

観光庁、地方誘客で観光テーマ別事業を選定、
「アニメ」「忍者」など9件を継続

⇒トラベルボイス
www.travelvoice.jp/20190529-131450?tvm

いろいろ面白いテーマありますが、ハラルビジネス
に気になるのは、郷土食探訪~フードツーリズム~、
忍者ツーリズム、百年料亭などでしょうか。
ハラル・ベジタリアンに活用できそうです。

—————————————————————-
★2.  【募集(インバウンド)日本国内】

「フード・アクション・ニッポン アワード2019」募集
のお知らせ

地域の農林水産物や食文化を活かした魅力的な産品を発掘
するコンテスト「フード・アクション・ニッポン アワード
2019」の募集を開始しました。
今年度は「日本の産品と出会い、“あなたの逸品”を発見し
よう」をテーマに、大手百貨店、流通、外食事業者等が
審査委員となり、国産農林水産物の魅力を活かした優良な
産品をコンテスト形式で発掘し、各社の流通販路を通じて
消費者にお届けします。
また、今年度は都内で試食会を含めたプレイベントを開催
し、来場された消費者の皆さまに、対象産品の5つのカテ
ゴリーにおいて、「これは!」と思う“あなたの産品”を選
んでいただき、その場で投票していただきます。プレイベ
ントで得票数の多かった5つのカテゴリーのトップを最終
審査会にて、「特別賞」として表彰します。
ご自慢の逸品を大手の流通事業者にPRする機会です。みな
さまのご応募をお待ちしております。

1.応募期間:
令和元年5月24日(金) から7月12日(金)まで

2.応募主体:
農林水産物の生産者、食品製造業者、加工事業者等

3.応募産品:
国産農林水産物の消費拡大に寄与する農林水産物及び
加工食品等

4.応募方法:
応募条件・方法等の詳細は、以下のURLをご覧ください。
fanaward.jp/

5.お問合せ先:
フード・アクション・ニッポン アワード事務局
電話:03-6272-5169
E-mail:foodaction-award2019@eventsupporter.jp

農林水産省 食料産業局 食文化・市場開拓課 井上 智晴
電話:03-6744-2352

—————————————————————-
★3.  【展示会(輸出)マレーシア他】

JTB「Japanese Foods “Premium” Trade Fair」の御案内

JTBグループでは、世界的に日本食・日本産品が注目され
ている現況を踏まえ”食農観光”事業に積極的に取り組み、
地域の特産品を海外にPRするための商談会開催など、多く
の事業に携わっています。
その一環として、海外食品バイヤーとの個別商談会「Japanese
Foods “Premium” Trade Fair」を実施しています。

詳細については、以下のURLを御参照ください。
www.trade-support.info/

本件のお問合せ先
Japanese Foods Trade Fair 事務局
〒100-6051  東京都千代田区霞ヶ関3-2-5
                  霞が関ビルディング23階
株式会社JTB 霞が関事業部営業推進課
担当:西川・嵯峨・辨野・李
電話:03-6737-9401
 (土・日・祝日を除く平日9:30~17:30)
メール:trade_support@jtb.com

—————————————————————-
★社員研修・セミナー、マニュアルつくり、ハラル
認証取得サポート、商品・メニュー開発コンサル
ティ  ング、テストマーケティング、市場調査、
外国人人材採用、販路開拓、輸出・進出・インバ
ウンドコンサルティング、広報・PR、海外ディス
トリビューター開発等
※昨年度セミナー実績
⇒ www.halal.or.jp/results/seminar.html
※社員研修・セミナー、ムスリム試食会等開催中
⇒ mail@halal.or.jp

◎2019年4月19日(金)“日本で安心の食事を”
おはBiz NHKニュース おはよう日本
www.nhk.or.jp/ohayou/biz/20190419/index.html 

 

2012年10月設立・ハラルビジネスのパイオニア
一般社団法人ハラルジャパン協会 本部事務局

バックナンバー
プレミアムフードショー Youtubeチャンネル 0円ハラル認証 補助金サポート 入会のご案内 講演依頼 ハラル対策ハンドブック 礼拝マット 礼拝用アコーディオンブース インドネシアハラル認証取得代行

提携先金融機関

全国各地域でのハラルビジネスの普及と包括的なサポートを目的とし、地銀18社様と業務提携をしています。

   アジア経営連合会 やまとごころ TOYAMA MUSLIM GUIDE 静岡ハラルポータル JAPANESE HEART シェアシマ シーフードショー シーフードショー大阪 Japan Muslim Guide HALAL DELI ハラルデリ

関連団体リンク

経済産業省 観光庁 ジェトロ JICA 中小機構