ご相談・お問合せ 電話でのご相談

[vol.607]  食品開発展2019の総括

2019.10.05

☆★ 目次 ★☆
01:コラム「食品開発展2019の総括」
02:ハラル・ジャパン協会からのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■01 コラム「食品開発展2019の総括」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(一社)ハラル・ジャパン協会の佐久間です。
お休みの方も多いと思いますが、仕事の合間に少し
だけお付き合い下さい。

食品開発展に来場者の方も登録させて頂きました。
これからもよろしくお願いします。

来週もムスリム試食会が福井県で開催されます。
ムスリムが大好きなメニューがハラル対応されます。
そして昼からは研修セミナーがあります。

地元の福井大学国際課のご協力頂き、マレーシア、
インドネシア、エジプト等の国からきているムスリム
留学生に参加していただきます!
そして世界塾にもオブザーバーで参加してもらい、
定員を大きくオーバーして開催予定です。(笑)

jhba.jp/seminar/1907/

いまハラル・ジャパン協会では、
ホタテフライ(ホタテクリームコロッケ含む)、
ロールケーキ、そしていなり寿司の輸出販売に向けて
ハラルプロジェクトを3社と推進しています。

ムスリムが食べたいものであるか?がとても大事なことです。

ロールケーキの会社とは業務提携までして、ラーメン
事業者に続き2社目の業務提携です。
ハラル・ジャパン協会は真剣に支援します!(汗)

業務提携の内容
jhba.jp/information/2228/

会員企業が一歩踏み込んで事業行う会社があれば、
ハラル・ジャパン協会は支援致します。
ただし売れる商品かどうかの見極めがとても大事です!
すべての会社の商品はお受けできませんので悪しからず。

さて本日のテーマ、「食品開発展2019の総括」です。
3日間の展示会出展と特別セミナーの2点にわけて
お話したいと思います。

メディア提携先のUBMジャパン主催の食品開発展2019です。
www.hijapan.info/

まずは展示会で1コマ出展いたしました。
食品展示会と違い、数は多くありませんが、3日間で
協会案内・ハラルビジネスハンドブックを600部配布。
数は少ないですが、皆さん興味があるようでした。
名刺交換は180枚ほどで関心が高いようでした。

「食品・健康食品・化粧品メーカー」の最終製品では
なく、「原料メーカー等」BtoB事業者向けの展示会ですが
海外(特にインドネシア、マレーシア)のバイヤーから
ハラル認証がある製品を要求されることが年々増えている
ことが改めて確認できました。

東南アジア、南西アジア対策にハラル(ハラール)認証
取得はかなり有効に働くようでした。

皆さんが知っている大手企業もまだ参入していない事も
わかり、中小企業含め、日本企業のハラルビジネスは
伸びしろのあるこれからの産業であるようです。

ブース出展の協賛会員企業は

・エスビー食品(株)
・亀田製菓グループ 尾西食品(株)
・(株)ウメケン
・バイオジェニック(株)
・ユニテックフーズ(株)
・石塚硝子(株)/ウイストン(株)
    順不同

にブース協賛頂きました。
ありがとうございます。

特別ハラルセミナーは75人の方に申し込み頂きました。
ハラル認証は東南アジア対策で必要であることが再確認
でき、マレーシア、インドネシア、UAEなどのハラル認証
の違いはアルコールの残留濃度、屠畜のスタニング、
物流の仕方、工場で指導などの差異が主な違いである
ようです。
もちろんハラル認証機関によっても違います。

ハラル認証団体の徹底分析します。
jhba.jp/halal/organ/
ご連絡ください。

食品だけでなく、健康食品・化粧品分野まで大きく
広がっているインドネシアは最大の注目です!
インドネシアでヒットするにはハラルビジネスを
うまく活用することが重要であることも確認できました。

講演者は

・(学)城西大学 城西国際大学 杉林学長
・日光ケミカルズ(株)関根室長
・バイオジェニック(株)川尻様
・ユニテックフーズ(株)吉田様
・NPO法人 日本アジアハラール協会 サイード理事長
・(一社)ハラル・ジャパン協会 佐久間代表理事
順不同 敬称略

でした。
ありがとうございました。

ハラル・ジャパン協会的総括としては、

東南アジア・南西アジアへの原料輸出には
ハラル(ハラール)認証が必須の時代が来ると予想
します。

好む、好まざるではなく、必須事項になる国が増え
新しくインドネシアを中心にした東南アジア、南西
アジアに「ハラルビジネス経済圏」ができる。

そこには約8億人のムスリムが住んでいる事実が
物語っています。これを商機に輸出・進出・インバウンド
そして外国人人材採用にも活かしませんか?
10月もよろしくお願いします。

ハラルビジネスを 楽しく「学ぶ。」から「実行。」へ
引き続き宜しくお願いします。
今日もグッドジョブ!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
■02  ハラル・ジャパン協会からのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★1.【セミナー】(食品製造業者向け輸出・進出等)静岡市

静岡県主催 10月10日(木)
『ハラール対応基礎セミナー』参加者募集

3回(東部、中部、西部)のセミナーと国内展示会への参加、
多言語対応のハラールポータルに掲載して広報・PRする等の
実践的な静岡県の取り組みです。ぜひご参加ください!!

日時:10月10日(木)14:00~16:00
会場:静岡市役所清水庁舎 3F 313会議室
(静岡市清水区旭町6-8)

セミナー内容、お申込み等
⇒ jhba.jp/seminar/1672/

11月展示会などの申込みなど
⇒ www.pref.shizuoka.jp/sangyou/sa-110/syoku_miyako.html

——————————————————
★2.【セミナー】(インバウンド)新潟県

10月18日(金)ムスリムインバウンドセミナー開催!!
※参加無料
日時:令和元年10月18日(金) 13:30~16:30 ごろ
 (受付13:00~)
場所:新潟県トラック総合会館 6階大研修室
新潟市中央区新光町6番地4
www.nta.or.jp/access.html

内容:
●13:35~14:20 プログラム1
「東南アジア市場の概況について」
講師:ASIACLICK ASIA PACIFIC REGIONAL OFFCE PTE.LTD.
小桑 謙一 氏

●14:30~15:40 プログラム2
「ムスリムセミナー」
講師:一般社団法人ハラル・ジャパン協会
代表理事 佐久間 朋宏 氏

●15:45~16:05 プログラム3
「ハラル食品 事例紹介」
講師:エスビー食品株式会社

●16:10~16:25 自治体国際化協会(CLAIR)の取組について

主催:新潟県観光局国際観光推進課
TEL:025‐280-5877

——————————————————
★3.【セミナー】(輸出・進出市場)千葉市幕張メッセ

名称      JAPAN PACK 2019(日本包装産業展)
会期      2019年10月29日(火)~11月1日 (金) 4日間
開場時間:10:00~17:00
会場      幕張メッセ
住所:261-8550 千葉市美浜区中瀬2-1

10月31日(木)11:00?12:00 60分
幕張メッセ 中会議室104(1F)定員: 100名

講演テーマ:
包装・パック素材を含めた「新種」のハラルビジネスを学ぶ

講師: 佐久間 朋宏 氏
(一社)ハラル・ジャパン協会 代表理事

内容:
ハラルビジネスのメインは食品(健康食品含む)、化粧品など
であるが、最近は物流・ロジスティクスや家電製品、包装素材
までが対象になることもある。どこの国で、どんな事例がある
のか、事例紹介をしながら現状の包装・パック素材のハラル
ビジネスを学ぶ。特にインドネシア向けには有効!?

事前登録はこちら
⇒ f-vr.jp/japanpack/jizen/

——————————————————
★社員研修・セミナー、マニュアルつくり、ハラル
認証取得サポート、商品・メニュー開発コンサル
ティ  ング、テストマーケティング、市場調査、
外国人人材採用、販路開拓、輸出・進出・インバ
ウンドコンサルティング、広報・PR、海外ディス
トリビューター開発等
※社員研修・セミナー、ムスリム試食会等開催中
⇒ jhba.jp/contact/

2012年10月設立・ハラルビジネスのパイオニア
一般社団法人ハラル・ジャパン協会 本部事務局

バックナンバー
プレミアムフードショー Youtubeチャンネル 0円ハラル認証 補助金サポート 入会のご案内 講演依頼 ハラル対策ハンドブック 礼拝マット 礼拝用アコーディオンブース インドネシアハラル認証取得代行

提携先金融機関

全国各地域でのハラルビジネスの普及と包括的なサポートを目的とし、地銀18社様と業務提携をしています。

   アジア経営連合会 やまとごころ TOYAMA MUSLIM GUIDE 静岡ハラルポータル JAPANESE HEART シェアシマ シーフードショー シーフードショー大阪 Japan Muslim Guide HALAL DELI ハラルデリ

関連団体リンク

経済産業省 観光庁 ジェトロ JICA 中小機構