ご相談・お問合せ 電話でのご相談

[vol.684]  ハラールビジネスに何を求めますか?

2020.06.23

☆★ 目次 ★☆
01:コラム「 ハラールビジネスに何を求めますか? 」
02:ハラル・ジャパン協会からのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■01 コラム「 ハラールビジネスに何を求めますか? 」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ハラル・ジャパン協会の佐久間です。
お仕事中、休憩中に少しだけお付き合い下さい。

緊急事態宣言中は
「オンライン商談を1日=5件程度」入れよう!
と気合を入れていましたが、今はオンラインと対面を
バランスよく入れよう、に変わってきました。

1日1件は外で商談、またコンサルティングをして4件が
オンラインです。当面、このオンライン:対面=4:1
で活動予定です。

意識一つで、アポイントの取り方から手法まで変える
ことができるのには驚きました!

ただしオンラインでのメッセージの使え方などは
対面・会場型とオンラインでは少し違うような気がします。

「リテール(詳細)の説明」

「言葉の熱量」です。

オンラインで詳細の説明はデータがあるので一見わかり
やすそうですが、実は伝わっているか?
本当に伝わっているのか?疑問です。

オンラインでは言葉の熱量を増やし力説しても、伝わら
ないことがよくよくあります。

セミナーなどでも対面・会場ではすべらないが、
オンラインではすべり、少しシーンとなります。(笑)

「短い文字紙芝居風メッセージ」

が大事だと感じ資料作りも修正が必要です。

コピーは言葉に変換して伝えないとダメだと反省です。
まだまだリモートワークには日々改善が必要です。

さて本日のテーマ、
「ハラールビジネスに何を求めますか?」です。

※本日コラム中はハラルでなくハラールで記載します。
理由はここで学べます。
⇒ jhba.jp/information/5241/

大手大企業ですら、2020年に現在になっても
本質をわかっていない会社がたくさんあります。(汗)
業種もさまざま、商品もさまざま、マーケティングも
違います。

会社の企業理念からハラールビジネスを考えることが
大切でいまウィズコロナ時代には、
ダイナミックなキャッチフレーズ、コピーが大事になります。

例えば、最近読んだ仲間のメルマガの中に、

『コロナ前に戻さない』

みずほ銀行の坂井社長の発言からの引用だそうですが、

「いままでなかなかキッカケがありませんでしたが、
電子化がこんなに利便性が高くて、
効果的だということを実感しています。」

坂井社長は2020年度中に、
全体の取り引きの50%を電子化する方針です。

現実から変革する、企業理念から強いメッセージで
社内・社外に伝えるそれこそ言葉のチカラワークです。

では皆さんは電子化、オンライン化とは違いますが、
自社に置きかけ、ハラールビジネスを使い目標を作る
ことができますか?

例えば、
・輸出割合を1%から5%に拡大・・・

・インドネシアとの原料取引をハラール認証に切り替えを

・サウジアラビアに輸出をチャレンジを!

・新しい外国人の人材がイスラム教徒だから、社食の対応を、

・どこに海外工場(OEM含め)進出することが最適か?

などです。

「もう前に戻れない」新しい相談ばかりの案件です。

ハラールビジネスは元に戻るビジネスではなく、
輸出・進出・インバウンド(国内)・人材等対象に、
東南アジア・南西アジア・中東等イスラム市場で
新しく始める「プラスαアルファービジネス」です。

イスラム教またはイスラム教徒(ムスリム)の考えを
理解し、そしてハラールなどを正しく学び、
ハラール認証の歴史・スペックを学習し、
自社のマーケティング活かす土台を学ぶことがいま
大切です。

ハラルビジネスは「もう前に戻れない」
新しい始めるプラスαビジネスです。
かならずしも新規ビジネスではありませんので・・・。

6月も後半です。
来週からは7月、2020年の下半期スタートです。
企業で言えば第2期半期がスタートです。
引き続きよろしくお願いいたします。

ハラルビジネスで地域経済を元気に!
もちろん人生ハッピーに。

【緊急告知】7月中旬
『第7回ジャパンハラルフォーラム 2020』をオンラインで開催!!
テーマはで「ウィズコロナ時代の新2.0ハラルビジネスの戦略」です。

日本(東京)と東南アジア(シンガポール・インドネシア)・
南西アジア(バングラデシュ)・中東(バーレーン)をつなぎ
現地情報を徹底分析致します。

2012年に開催された第1回ジャパンハラルフォーラムでは、
元マハティールマレーシア首相が基調講演において日本で
初めてハラルの解説を行い、その後日本でハラルブームが
巻き起こる事となりました。
いまやジャパンハラルフォーラムは日本における輸出・進出
及び国内・インバウンド等でハラルビジネスの最前線の
情報が得られる大事なフォーラムです。
一昨年はバングラデシュに関するセミナーを開催し、
独自の提案で輸出・進出をした企業もでてきました。
昨年はASEAN、南西アジア、中央アジア、中東などの
イスラム諸国の中から、インドネシア、UAEドバイに
フォーカスしました。今年はインドネシア・シンガポールと
バーレーン等予定しています、
ぜひご参加ください。

今年はスペシャルゲストには「海外輸出バイヤー商談付き」を
企画を予定しています。また素敵な報告も盛りだくさんです。

定員:100名 ※ハラル・ジャパン協会会員優先
主催:一般社団法人ハラル・ジャパン協会
共催:日本インドネシア輸出入促進協議会、
日本・中東GCC輸出協議会、
日本バングラデシュトレーディング協会、
プレミアムフードショー実行委員会(予定)

優先予約は下記まで、お早めに!!
会社名、名前、電話、メールアドレスをお教え下さい。
メール: info@jhba.jp FAX:050-3730-7549
※業種、人数の関係でお断りする場合がありますので、ご了承下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■02  ハラル・ジャパン協会からのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★1.【ニュース】(輸出)サウジアラビア 牛肉

サウジ向け牛肉輸出解禁 ハラル証明が条件―農水省

⇒時事通信
www.jiji.com/jc/article?k=2020061900734&g=eco

ついに人口3000万人の中東最大のマーケットのサウジ
アラビアに牛肉の輸出が解禁された、もちろんハラル
認証はもちろん、その他付帯事項も多そうであるが、
注目マーケットで日本食のチャンスです。

——————————————————
★2. 【募集】(輸出・進出)マレーシア 兵庫県

マレーシアにおける県産農林水産物等プロモーション
「事前セミナー・個別相談会」≫
1 日 時
事前セミナー:令和2年7月21日(火)10:00~12:00
個別相談会 :令和2年7月21日(火)13:30~17:00(予定)
2 場 所 WEBセミナー ライブ配信
3 主 催 ひょうごの美味し風土拡大協議会
4 参集者 ひょうご農畜水産物・
加工食品輸出促進ネットワーク会員 他
5 申込締切日 令和2年7月14日(火)
6 内 容
(1)≪事前セミナー≫令和2年7月21日(火)10:00~12:00
講演:「マレーシア市場と海外展開のポイント」

(2)≪個別相談会≫ 令和2年7月21日(火)13:30~17:00(予定)
マレーシアでの食品輸出会社のプロが、現地での販路開拓
に向けて商品ブラッシュアップ等のアドバイスを行います。
自社製品のマレーシアでの販売の可能性を含め、同国への
輸出に関する疑問・不安などありましたら、この機会を
ぜひご活用ください。

※ZOOMを使ったオンラインセミナーです。ご参加の前に
アプリをインストールください。参加者には事前に参加ID
をお伝えします。
PC版:zoom.us/support/download
Apple版:
apps.apple.com/jp/app/zoom-cloud-meetings/id546505307
Android版:play.google.com/store/apps/details?id=us.zoom.videomeetings&hl=ja

※申込多数の場合は、10月実施予定のマレーシアにおける県産
農林水産物等プロモーション事業への参加希望者を基本とし、
(a)兵庫県認証食品認証取得事業者、(b)兵庫県産の農畜水産物を
使用する加工食品又は県内で生産された農畜水産物の輸出を目指
す事業者を優先させていただきますのでご了承ください。

※個別相談の面談時間及び時間帯等は、申込状況に応じて事務局
が設定し事前にお知らせします。

——————————————————
★3. 【募集】(輸入)オーガニック 台湾

【無料オンライン商談会】 台湾オーガニック食品発表会
6/30(火)午前10時半~

⇒TAITRA台湾貿易センター 東京事務所
tokyo.taiwantrade.com/event/detail.jsp?id=23838

「2020年有機食品の輸出入に関する協力の促進に関する覚書」
についての署名が行われ、日台間では、日本又は台湾の有機
制度による認証を受けた有機農産物等に「有機」等と表示して、
相互に輸出入できるようになりました。

これを記念し、経済部国際貿易局と台湾貿易センター主催で、
台湾オーガニック食品オンライン発表会を行います。

多数ある台湾オーガニック食品企業から6社選び、台湾茶、
米穀加工品、ドライフルーツ、調味料、牛蒡加工品など魅力あ
る食材を日本のバイヤーの皆様にご紹介させていただきます。

栄養価が高く、安心安全、環境にも優しいオーガニック食品
発表会 是非ご参加ください!
ご興味がある企業があえば、後日個別商談もアレンジいたします。

【開催日時】 2020年6月30日(火)10:30-12:00(日本時間)

YOUTUBEで自由に視聴。質疑等もオンライン上で確認ができます

【発表製品】
台湾オーガニック食品 (ローズティー、ローズエッセンス、
オーガニックアーモンドドリンク、オーガニッククッキー、玄米
ビーフン、オーガニック小麦、オーガニック緑茶、ウーロン茶、
紅茶等)

ご不明な点は気軽にお問い合わせください
担当:小清水

TAITRA台湾貿易センター 東京事務所
東京都千代田区麹町1-10 澤田麹町ビル3F
TEL: +81-3-3514-4700 FAX: +81-3-3514-4707
MAIL:tokyo@taitra.org.tw

——————————————————
★4.【募集】(輸出・進出)マレーシア、シンガポール、
                          インドネシア

弊社ブランドの化粧品の販売代理店・ディストリビューター探し

化粧品(洗顔料・化粧品等10アイテム)

現在、東南アジアへの販路拡大を検討しています。
現在までに、各国の個人のお客様からご注文いただき、BtoCで
海外販売はしておりましたが、今後、BtoB向けに海外販売を進めて
いきたいと考えています。販路拡大に伴い、各国現地の販売代理店
またはディストリビューターを探しております。

お問い合わせはハラル・ジャパン協会 海外担当
info@jhba.jp

——————————————————
★5.【メルマガ情報】(輸出・進出)MATCHA

令和2年版の観光白書が閣議決定。
宿泊の獲得が地域の旅行消費増の鍵

⇒株式会社MATCHA
mail.google.com/mail/u/0/#inbox/FMfcgxwJWXQcJRVJNRlCVTthPWKShWXw

これを機会にの総括を観光庁のデータで一度してみませんか?
次に見える対策が打てるかもしれません。まずはデータを冷静
に読み込んでみて下さい。

——————————————————
★社員研修・セミナー、マニュアルつくり、ハラル
認証取得サポート、商品・メニュー開発コンサル
ティ  ング、テストマーケティング、市場調査、
外国人人材採用、販路開拓、輸出・進出・インバ
ウンドコンサルティング、広報・PR、海外ディス
トリビューター開発等
※社員研修・セミナー、ムスリム試食会等開催中
⇒ jhba.jp/contact/
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
2012年10月設立・ハラルビジネスのパイオニア
一般社団法人ハラル・ジャパン協会 本部事務局

バックナンバー
プレミアムフードショー Youtubeチャンネル 0円ハラル認証 補助金サポート 入会のご案内 講演依頼 ハラル対策ハンドブック 礼拝マット 礼拝用アコーディオンブース インドネシアハラル認証取得代行

提携先金融機関

全国各地域でのハラルビジネスの普及と包括的なサポートを目的とし、地銀18社様と業務提携をしています。

   アジア経営連合会 やまとごころ TOYAMA MUSLIM GUIDE 静岡ハラルポータル JAPANESE HEART シェアシマ シーフードショー シーフードショー大阪 Japan Muslim Guide HALAL DELI ハラルデリ

関連団体リンク

経済産業省 観光庁 ジェトロ JICA 中小機構