ご相談・お問合せ 電話でのご相談

[vol.817]  アメリカとハラルは今はチャンスです!

2021.09.24

☆★ 目次 ★☆
01:コラム「アメリカとハラルは今はチャンスです! 」
02:ハラル・ジャパン協会からのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■01 コラム「アメリカとハラルは今はチャンスです!」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ハラル・ジャパン協会の佐久間です。
お仕事中、休憩中に少しだけお付き合い下さい。

★★代表理事 佐久間朋宏オンライン名刺交換★★
ap.sansan.com/v/virtual-cards/91fdcbb81fbf48299f4eda34e2677bf0/ 

今週は山形県、新潟県、来週は富山県など、
日本海地域に行くことが多いです。

本日伺う新潟県十日町市、津南町は日本一の豪雪地帯で
とても有名なエリアです。

もう一つ有名なモノは
お米のブランドの「魚沼産コシヒカリ」と加工品です。
この加工品も海外、イスラム市場に向けて輸出・進出
ができるといいと考えます。

本日のテーマ、
「アメリカとハラルは今はチャンスです!」です。

つまり
アメリカのチャンスとハラル(イスラム教徒向け
ビジネス)のチャンスが、うまくシンクロしていますよ、
という解釈です。

昨日アメリカでの日本の活動もやっと理解され!?
また政治的タイミングも含めこんなニュースが・・・

米国、日本産食品の輸入規制を撤廃 福島産コメなど
www.nikkei.com/article/DGXZQOUA21AZS0R20C21A9000000/

米、日本産食品の輸入停止措置を撤廃 福島県産のコメなど全品目
mainichi.jp/articles/20210921/k00/00m/020/279000c

単純に万歳です!!よかったです。
岩手、宮城、福島、茨城、千葉の事業者には
素敵なニュースです。

私も復興支援の仕事はずっとやっています。

公益社団法人日本水産資源保護協会
復興水産販路回復アドバイザーです。
また公益財団法人みやぎ産業振興機構も
国際化販路開拓アドバイザーです。

アメリカはそもそもFDA(米国食品医薬品局)が
ホントに厳しく、そもそも論で輸出は難しい国だから
日本のモノがすべて輸出できるわけではありませんが、、、
東日本大震災による東北(福島含め)の規制が
やっと撤廃です。

もうすぐ東アジア(中国・韓国等)も規制撤廃すると
いいですが・・・政治的含め簡単には行きません。

でも台湾は早いかもしれません。(汗)

そんなアメリカへハラルビジネス的に輸出商談は
急ぎながら、ハラル対応で輸出を加速する方法
もあります。

ノーアニマルとノーポーク・ノーアルコールの
融合商品での展開です。
つまりハラル対応(ハラル認証含む)商品で
動物性不使用のWスタンダードでウリを創ることです。
更にメイドインジャパンです。

これなら、アメリカのような多様性の国、
人種のルツボの国でも受入安く、一般的に販売でき
輸出できると考えます。

その延長で東南アジア等イスラム市場も商談増やし、
輸出すれば、一石二鳥ですね。(汗)

ひょっとしてPPIHグループとの海外商談は
ぴったりかもしれません!これまたチャンスです。

ハラルビジネス的には
アメリカが日本産食品の輸入規制を撤廃したことは、
東南アジアに輸出販売を増加するうえでも
とてもいいことだと考え大歓迎です。

とにかく、物量を増やし、
販売コストを日本で販売する価格に近づけることが
できそうですから・・・。

マレーシア、シンガポール、インドネシア等の
ハラル対応商品の輸出・進出を増やしませんか?

9月も後半です。
引き続きよろしくお願いいたします。

ハラルビジネスのチカラで、
日本社会・世界の人々に再生と進化を。

一般財団法人アジアフードビジネス協会から
オンラインセミナーの案内です!!
ぜひ参加して下さい。

テーマは
“アフターコロナを生き抜く”
データから見た
「消費者ニーズの変化と中国市場の攻略法」
です。

www.webfix.link/afba-specialpage/online-seminar02/?utm_source=asiafood&utm_medium=banner&utm_campaign=onlineseminar2

【今回のセミナーのポイント】は

■コロナ禍で激変した消費者ニーズをデータ元に解説
いたします、激変するコロナ禍の中で大きく消費者の
ニーズが変化、今後の外食産業で生き抜く糸口を消費
者データから紐解いていきます。   
■日本食激戦区であるバンコクの現状をレポートいた
します、講演頂きます(株)クロス・マーケティング社
は、世界に11 ヵ国20 拠点以上でリサーチ事業を展開
しております。今回は、タイに拠点を置くグループ会
社の現地法人代表者から日本食激戦区であるバンコク
の状況をレポートいたします。
■注目度が上昇している中国市場のSNSを活用した攻略
法を解説いたします、コロナ禍の中、 国内経済の回復
が早く注目されている中国市場の現状とSNS マーケティ
ングの必要性を、長年中国の大手SNS サービスの日本で
の展開をサポートしているJCconectの瀧田様よりデータ
を元に解説いただきます。
■「パネルディスカッション」方式で登壇された内容を
深堀いたします、前回大変ご好評を得ました「パネルデ
ィスカッション」では、講演内容の深掘りや参加なされ
る皆様からのご質問にできるだけ多くお答えし、双方向
の参加型のセミナーを目指します。

■ジェトロの北川理事が、コメンテーターとして参加し、
先回ご案内致しました、第一部と第二部のご講演を受け
て、ジェトロの北川理事が講演内容を振り返り、講演を
活かすためのポイントなどについてコメントを頂きます。
■パネルディスカッションに、クロス・マーケティング
のタイ駐在濱野社長も参加「日本食激戦区」であるバン
コク市場の状況を、皆様からのご質問も含めご回答いた
だきます。

<セミナー概要>

データから見た「消費者ニーズの変化と中国市場の攻略法」

◇主催:アジアフードビジネス協会 公式HP

◇後援:日本貿易振興機構(JETRO)、
西武信用金庫、埼玉りそな銀行、
ハラル・ジャパン協会他

◇協力:株式会社クロス・マーケティング、
        JCconnect株式会社

1.日時:2021年9月29日(水)午後1時~午後3時45分

2.場所:参加者の其々のオンライン会場

3.参加対象:協会会員企業及び海外展開を目指す一般企業、個人

4.参加費:1,000円(税込)/お一人様

5.セミナー内容:詳しくは、「オンラインセミナー専用サイト」

こちらをクリックして専用サイトをご確認ください。

6.お申込み締切日:2021年9月28日(火)

7. お問い合わせ先:一般財団法人アジアフードビジネス協会

事務局E-Mail: info@asiafood.jp

協会ホームページ:https:/asiafood.jp/

www.webfix.link/afba-specialpage/online-seminar02/?utm_source=asiafood&utm_medium=banner&utm_campaign=onlineseminar2

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■02  ハラル・ジャパン協会からのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★1.【ニュース】(輸出・進出)シンガポール

イセ食品が採卵農場設立へ、82億円超投資

⇒NNA
www.nna.jp/news/show/2237497?media=bn&country=spd&type=5&free=1

日本食の文化の一つに生たまごが食べられること、これが
安全・安心に海外で食べられると、日本食の普及にもつな
がる。海外展開は相手国の自給率の基準も大事な進出の際
のポイントになるようです。

——————————————————
★2.【JETRO】(進出)アジア10か国

【JETRO/WEBセミナー】
東南アジア・中国・インド10カ国 からお届け!
海外駐在アドバイザーが語る
現地ビジネス環境と投資トレンド

本セミナーでは東南アジア(シンガポール、フィリピン、
ベトナム、インドネシア、マレーシア、タイ、カンボジア、
ミャンマー)・中国・インドに派遣している海外投資アド
バイザーより、当該国の経済概況やビジネス環境に関する
最新の情報をご紹介します。

【日時】
第一日目:インド・中国編:
2021年9月29日(水曜)13時00分~14時50分
第二日目:東南アジア1編:
2021年9月30日(木曜)13時00分~16時40分
第三日目:東南アジア2編:
2021年10月1日(金曜)13時00分~16時50分

【開催場所】オンライン開催
※ミャンマーは講演・録画のみになります。

【お申込み期限】2021年09月24日

お申込み・詳細は
www.jetro.go.jp/events/bda/2e120c967c972476.html

——————————————————
★3.【リリース】(輸出・進出)非食品・大阪

松本機械グループではHALAL・ハラール認証に対応した
ろ布のご用意が可能です。

⇒株式会社松本機械製作所HP
mark3.co.jp/news/halal

リリースにはハラールについてはグレードが様々ござい
ますので、どのような認可が必要かについてはお気軽に
ご相談くださいませ。

「ハラールのグレード」については、ハラル・ジャパン
協会で学習できます。
jhba.jp/halal/certification/

——————————————————
★4.【JETRO】(輸出・進出)パキスタン

トヨタ、ハイブリッド車生産に1億ドル投資へ

⇒JETRO
www.jetro.go.jp/biznews/822fa77d13e5fad9

人口2億人の国パキスタン、中国・韓国に負けない戦略が
いりますが、大きなイスラム市場です。外貨準備高も、
気になりますが、現地に進出には可能性あります。

——————————————————
★5.【セミナー】(輸出・国内)岐阜県

岐阜県主催
イスラム市場オンライン研修セミナー 受講者募集!!

jhba.jp/information/7840/

日時:令和3年10月5日(火)13:30~15:30
実施方法:Zoomウェビナーによるオンライン配信

内容:「イスラム市場向けのオンライン研修セミナー」

ハラールの基礎とイスラム市場の解説
講師:(一社)ハラル・ジャパン協会
代表理事 ハラルビジネスプロデューサー佐久間朋宏氏

        イスラム市場への輸出のポイントと対策
講師:アセットフロンティア(株)
代表取締役社長 島居里至氏

        東南アジア・マレーシアが求めるハラール商品は?
講師:PAN PACIFIC RETAIL MANAGEMENT(MALAYSIA)SDN.BHD.
ディレクター(チーフバイヤー)福田貴史氏

        令和2年度事業成果発表
講師:(一社)ハラル・ジャパン協会
ハラルビジネスコンサルタント 市川治彦氏
※講師予定

募集対象  国内外へ販路開拓を目指す、岐阜県内の食品・
健康食品製造業者、食品を扱う卸売業者、農林
水産業の生産者等 ※宿泊・飲食事業者も含む

※岐阜県内に工場や支店等ある事業者も参加OK

定員:100名 1社何人参加でも構いません。

参加費:無料

主催:岐阜県商工労働部県産品流通支援課

申込期限:令和3年10月4日(月)17:00まで

申込方法:メールにてお申し込みください。

jhba.jp/information/7840/

申込・問い合わせ先:
一般社団法人ハラル・ジャパン協会
(岐阜県「イスラム市場販路開拓促進支援業務」受託者)
東京都豊島区南池袋2-49-7 池袋パークビル1F
TEL:03-4540-7564
FAX:050-3730-7549
E-mail:info@jhba.jp

セミナー受講の流れ
・本セミナーは、オンライン会議アプリ「Zoom」を利用して
行います。
・受講に関するご案内は、お申込み時にご記入いただく
メールアドレスにお送りいたします。

jhba.jp/information/7840/

——————————————————
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
2012年10月設立・ハラルビジネスのパイオニア       
一般社団法人ハラル・ジャパン協会 本部事務局

バックナンバー
ハラールフードセレクション 岐阜県 イスラム市場販路開拓促進支援事業 Youtubeチャンネル 0円ハラル認証 補助金サポート 入会のご案内 講演依頼 ハラル対策ハンドブック インドネシアハラル認証取得代行 お祈りマット

提携先金融機関

全国各地域でのハラルビジネスの普及と包括的なサポートを目的とし、地銀18社様と業務提携をしています。

栄養食品素材展 アジア経営連合会 やまとごころ TOYAMA MUSLIM GUIDE 静岡ハラルポータル JAPANESE HEART シェアシマ Japan Muslim Guide HALAL DELI ハラルデリ

関連団体リンク

経済産業省 観光庁 ジェトロ JICA 中小機構