ご相談・お問合せ 電話でのご相談

[vol.934]  ハラルビジネスのプレゼンス(存在感)

2022.09.30

☆★ 目次 ★☆
01:コラム「ハラルビジネスのプレゼンス(存在感)」
02:ハラル・ジャパン協会からのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■01 コラム「ハラルビジネスのプレゼンス(存在感)」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ハラル・ジャパン協会の佐久間です。
お仕事中失礼いたします、お付き合いください。

【特集】ハラル認証「洗濯マグちゃん」
「瀬戸内柑橘ミックスゼリー」
「新見キャビアバター」のご紹介
jhba.jp/information/10675/

9月も本日で終了です、
2022年も残り3か月
2022年度も上半期が終了しました!(早)
なんか焦りますね、、、理由はありませんが、、、(笑)

そして
10月からの下半期対策の準備はいかがでしょうか?

岸田文雄首相が10月3日召集の臨時国会で行う
所信表明の内容から類推、想像してみました!

新型コロナウイルスの水際対策を大幅に
緩和することや、急速な円安を踏まえ、
「年間5兆円超」の訪日観光客消費を目指す
考えを明らかにするらしいです。

2019年に4兆8000億円を超えた訪日客消費は
21年、新型コロナの直撃で推計1200億円余りに激減した。

首相は10月11日から外国人の個人旅行を解禁する
ことなどに触れ、「円安のメリットを最大限引き出し、
国民に還元する」と強調する。

また、円安を受け、半導体や蓄電池の工場立地、
企業の国内回帰や農林水産業の輸出拡大にも取り組む
考えを示す。

つまり、
インバウンドもアウトバウンドも目標値はともに5兆円!!
マルチバウンドで経済活性化する。
ということのようです。

10月11日から新しい日本が始まること期待したいです。

その中で本日のテーマは、
「ハラルビジネスのプレゼンス(存在感)」です。

ハラルビジネスの必要性を感じる企業は
日ごとに増えているように感じます・・・

東南アジアなど「アジア対策」が急務だからです。

1本柱の東アジア=中国を中心にした「中華圏」、
2本柱はアメリカ・EUなど「欧米圏」、
3本柱は東南アジア・南西アジアなど「アジア圏」、

その3本柱の「アジア圏」への強化が始まりました。
アジア圏への輸出、進出、
そしてついに再始動したインバウンド、
人材マーケットが加わりました!

ハラルビジネスはこの東南アジアの経済の台頭で
生まれたニュービジネスであり本丸です。
このど真ん中マーケットに日本企業もやっと突入のようです。

したがって大手事業者も再度ハラルビジネスの観点で
製造工場の国、品目、そしてハラル認証の有無・・・
なども再構築の為に当会もコンサルティングすることも
増えています。

「どこの国で作り、どこの国へ販売するのか?」を
ハラルビジネスの観点を軸に再度見つめなおす事業者が
増加傾向にあります。

したがって
ハラルビジネスのプレゼンス(存在感)は鰻のぼりです。(笑)

「中華圏」、「欧米圏」、そして成長著しい「アジア圏」を
ハラルビジネスで攻略することは王道かと考えます。

本日も食品添加物、健康食品、飲料メーカーの
コンサルティングを行いましたが、

テーマは、
・インドネシアに輸出、
・マレーシアに輸出、
・タイで工場建設、
・日本で輸出製造ラインの強化などです。

時代とともに変わるハラルビジネス。

本当に様々な業界の方とハラルビジネスを
ご一緒できるのは本当に感謝しております。

10月以降も
引き続き宜しくお願い致します。

【9月後半のキャッチフレーズ】⇒

ハラルビジネスに答えを出す。
輸出・進出・インバウンドで新しい切り口で提案。

令和4年度 静岡県
「ハラールオンライン商談会運営事業」で事業者募集です!!
jhba.jp/new/10548/

★商談会への出品者募集(10社程度)

※ハラール認証がなくても参加可能です!
※「バイ・シズオカオンラインカタログ」への登録が必要になります。
(登録無料)
応募締切:2022年10月7日(金)
募集対象:国内外へ販路開拓を目指す県内の食品関連事業者
参加者数:10事業者程度
参加料:無料
(サンプル提供及び指定場所までの国内配送料は事業者負担となります)

★専門アドバイザーにより個別指導

実施時期:2022年9月~12月
指導方法:ZOOMミーティングによるオンライン通信
実施時間:1事業者のべ10時間程度

指導内容
■ハラール対応商品の開発、ブラッシュアップ、ムスリムによる試食評価
■バイヤーへの商品サンプル取りまとめ、輸送
■ターゲット市場の選定、プレゼン資料の作成補助
■ウェブ会議システム接続テスト等インターネット環境の確認

★オンライン事前(セミナー)研修会の実施

※オンデマンドで期間内何度でも視聴可能
海外商談に初めてチャレンジする事業者に向け、
食品商談の基礎やオンライン商談における重要なポイント等を紹介します。
開催時期:2022年11月~12月
実施回数:1回
実施時間:2時間程度
開催方法:ZOOM形式ウェビナーによるオンライン配信
参加人数:30名程度(参加事業者10社 1社2~3名)
参加対象:個別指導の参加事業者、その他関連事業者
動画配信:ハラル・ジャパン協会Youtubeチャンネルにて公
→ Youtubeチャンネルはこちら
※一般公開予定

★オンラインバイヤー商談会 (海外3社、国内2社)

マレーシア・シンガポール・UAEドバイ・国内等のバイヤー
から選択(海外3社、国内2社)

※ハラール認証がなくても参加可能です!
●商談は日本語OK(通訳が入ります)
●商品、商品を使ったレシピ、会社紹介などの動画制作も行います
実施時期:2023年1月(6~7日間実施)
実施方法:ZOOMミーティングによるオンライン通信
実施時間:1事業者50分程度
商談数:10事業者程度(1事業者あたりバイヤー3社程度)

◆事業パンフレット
jhba.jp/wp/wp-content/uploads/2022/09/2022_08_shizuoka_jigyou_annai_nyukou_ol.pdf

◆参加申し込み
jhba.jp/shizuokaform/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■02  ハラル・ジャパン協会からのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★1.【連載】(輸出・進出・インバウンド)長野

ハラル認証の対象商品とは
【食品ハラルビジネス進化論~ハラル認証原料編vol.6】

⇒シェアシマinfo
reports.shareshima.com/2303/

——————————————————
★2.【ニュース】(国内・インバウンド)大阪・北海道

大阪で観光特化の大型展示会「日本観光ショーケース」開催、
出展者を募集、国内外のバイヤーと商談、
期間限定で早期割引も

⇒トラベルボイス
www.travelvoice.jp/20220805-151733?tvm

【参考】
民泊エアビーと北海道清水町が協定、
「まちまるごとホテル」化で地域の課題解決へ、
町長自らの自宅も民泊に

⇒トラベルボイス
www.travelvoice.jp/20220629-151536?tvm

——————————————————
★3.【ニュース】(国内・インバウンド)千葉

パチンコ業界初提案の『ハラルフード』を手始めに
まだ見ぬ世界のお菓子・食品を提案~フラウーイアズ

⇒ GreenBelt
web-greenbelt.jp/post-63827/

——————————————————
★4.【補助金・助成金】(輸出・進出)岐阜県

ハラール認証飛騨牛輸出定着に向けた支援(補助金)

⇒岐阜県ホームページ
www.pref.gifu.lg.jp/page/217927.html

——————————————————
★5.【NNA】(輸出・進出)インドネシア

ヤクルト、10月から低カロリーの新商品発売

⇒NNA
www.nna.jp/news/show/2404491?media=bn&country=idr&type=5&free=1

萩原工業、食品用包材に参入 海外事業強化、南米には新工場

⇒NNA
www.nna.jp/news/show/2395347?media=bn&country=idr&type=3&free=1

合成樹脂繊維大手の萩原工業(岡山県倉敷市)は、
新型コロナウイルス禍からの経済復興が進むアジア、
南米などをにらみ海外事業を強化する。・・・

——————————————————
★6.【ニュース】(輸出・進出)シンガポール

成長する代替タンパク質市場を目指せ、
アジア最大級の食品見本市に出展

⇒JETRO
www.jetro.go.jp/biznews/c4e9e5d817f78fee

シンガポールに「DON DON DONKI」の新店オープン
総菜を強化:食品だけの品ぞろえ

⇒ITmedia ビジネスオンライン
www.itmedia.co.jp/business/spv/2209/16/news114.html

——————————————————
★7.【告知】(輸出・進出・国内)展示商談会・セミナー

食品開発展2022 いよいよ開催!!
(Hi Japan/ FiT Japan/ S-tec Japan/ LL Japan)
併催 記念セミナー
www.hijapan.info

会期:2022年10月12日(水)・13日(木)・14日(金
会場:東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム
開催時間:10:00-17:00
規模(Hi/FiT/S-tec/LL):800小間
主催:インフォーマ マーケッツ ジャパン株式会社
予定来場者数:約40,000人

後援(予定)
農林水産省/厚生労働省/東京都/日本貿易振興機構(ジェトロ)
/農業・食品産業技術総合研究機構食品研究部門

協賛(予定)
(一財)食品産業センター/(公財)日本健康・栄養食品協会/
(一財)日本食品分析センター/(一社)全国清涼飲料連合会/
(一社)日本植物油協会/全日本スパイス協会/日本香料工業会/
(一財)東京顕微鏡院/フード・フォラム・つくば/
(一財)食品分析開発センターSUNATEC/(一社)日本農林規格協会/
(公社)日本包装技術協会/(一社)日本分析機器工業会/
(特非)国際生命科学研究機構(ILSI JAPAN)/
食品膜・分離技術研究会/精糖工業会/全国製麺協同組合連合会/
(公社) 日本技術士会/(公財)日本適合性認定協会/
(一社)ハラル・ジャパン協会/(一社)日本包装機械工業会/
(一社)甘味食品試験センター

記念セミナー
hijapan-expo.com/seminar2022/index.cgi

【参考】
健康食品・化粧品等 受託製造企業ガイドブック 2022年版
⇒インフォーマ マーケッツ ジャパン(株)
www.kenko-media.com/archives/1708

——————————————————
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
2012年10月設立・ハラルビジネスのパイオニア       
一般社団法人ハラル・ジャパン協会 本部事務局

バックナンバー

ハラル最新情報 公式SNSで配信中

ハラルジャパン協会公式facebook ハラルジャパン協会公式Twitter ハラルジャパン協会公式Instagram
セミナー・アドバイザー派遣 食品開発展2022 岐阜県ハラールチャレンジプロジェクト 岐阜県ハラールビジネスオンラインセミナー Youtubeチャンネル ハラル商品検索 補助金サポート 入会のご案内 入会金無料キャンペーン 講演依頼

提携先金融機関

全国各地域でのハラルビジネスの普及と包括的なサポートを目的とし、地銀18社様と業務提携をしています。

   千代田区 TOYAMA MUSLIM GUIDE 静岡ハラルポータル HALAL ONLINE BY HONOLU JAPANESE HEART Japan Muslim Guide HALAL DELI ハラルデリ シェアシマ やまとごころ アジア経営連合会

関連団体リンク

経済産業省 観光庁 ジェトロ JICA 中小機構