ご相談・お問合せ 電話でのご相談

[vol.902]  食品機械メーカーもハラルを学ぶ時代へ!

2022.06.10

☆★ 目次 ★☆
01:コラム「 食品機械メーカーもハラルを学ぶ時代へ! 」
02:ハラル・ジャパン協会からのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■01 コラム「 食品機械メーカーもハラルを学ぶ時代へ! 」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ハラル・ジャパン協会の佐久間です。
お仕事中少しだけお付き合いください。

青森県弘前のりんご酢メーカー カネショウ、
ハラル認証取得
日本製の健康飲料でイスラム市場に
健康改善サポート展開スタート!!
⇒ jhba.jp/new/9948/

6月に入り、コラム下のお知らせのニュースを
5本から7本に増量しました、
そして中身を国別やテーマ別で情報量を拡充しました。

本日は南西アジアの記事を特集しています、
インド、バングラデシュ、パキスタン等です、
ご意見お待ちしています。

本日出張の為、羽田空港にいますが、
外国人、日本人も一段と人が多くなりました・・・
本日10日より、新型コロナウイルスの水際対策で停止
していた外国人観光客の受け入れ手続きを再開しました。
(ホント嬉)

観光目的の外国人の入国を認めるのは約2年2か月ぶり
でホントに久しぶりのことです。渡航条件はまだ
いろいろありますが、まずはアフターコロナで、
インバウンドにてリ・スタートです!楽しみです。

来週から当協会事務局員も
マレーシア、シンガポール、そしてインドネシアと
海外出張も入る予定です、各国の最新のハラルビジネス
情報をお届けできると思います、楽しみにお待ちください!

さて本日のテーマは
「 食品機械メーカーもハラルを学ぶ時代へ! 」です。

本日まで開催の「FOOMA JAPAN 2022( 国際食品工業展)
主催:一般社団法人 日本食品機械工業会」の展示会場で
ヒアリングしたことで生まれたテーマです。

FOOMA JAPAN 2022( 国際食品工業展)
www.foomajapan.jp

食品機械・装置および関連機器に関する技術・サービス等の
BtoB展示商談会で、出展社数は過去最多の865社の参加で
東京ビッグサイト 東1~8ホールで4日間開催です。
非常に参加者も多く、人気の展示商談会の1つです。

出展の食品機械メーカーも日本製・海外製とありますが、
日本製ももちろん国内だけでなく海外に輸出・進出して
食品など現地で製造していて、中には中古もあります。

まさに「ハードのメイドインジャパンのシステム輸出」です!
このハードに日本人の職人の技+αのソフトの提案が必要
だと私も感じています。

機械メーカーもHACCPやFSSC22000などの国際認証の知識は
ソコソコありますが、ハラルやコーシャは???のようです。
まだそんなレベル感です。(汗)

そこで機械の導入(販売)時に
導入食品メーカー様向けに、ハラルビジネス基礎研修や
ハラル認証可能性診断をサービスでプレゼントしたら
いかがですか?と会場内の菓子機械メーカー等にいくつか
聞きました、なんと7社中4社※がいいね?と解答。
※ハラル・ジャパン協会調べ

やりたいけどいくら?とも前向きな反応の会社もありです。(汗)

ニーズがあることはわかりましたので、
実績を作りハラルビジネス的にメニュー化したい考えます。

いままでは食品の製造機械も日本で製造販売をメイン
でしていたので、「食の安全・安心」に関心が高まる中、
食品機械の最先端テクノロジー、省エネ、人件費削減、
フードロス、SDGsなど・・・高品質の課題解決型の機械が
多く投入されてきました。

海外マーケットの新興国の多くは、20年前~40年前の
日本のすがた、時代を映す鏡(ミラー)です。

特にイスラムマーケットはその時代の傾向が強いので、
シンプルな日本らしい製品で、「過剰(高付加価値)
スペック」にならないような食品機械を製造すると
海外でももっと売れると考えられます。

機械も日本式でハード+ソフト(高齢日本人の技術、
多少性の国際認証等)で差別化販売の時代です。
ハラルを学んで実践してみませんか?

いまならFOOMA2022出展者限定ですが、
「ハラルビジネスオンライン社内研修会」を無料で開催
します。オープン価格ですが、10‐30万円相当です!
(驚)
※10社限定、当会既存取引・コンタクト除く新規企業

すでに
有名なお菓子を製造する菓子製造メーカー当から
申し込みをいただきました。(笑)

もうすぐ全国的には梅雨入りですが、
雨が続き蒸し蒸ししますが、
オンライン、対面等でご相談お受けします。

6月中旬に入ります、
引き続きよろしくお願いいたします。

【6月前半のキャッチフレーズ】⇒

ハラルビジネスで最短距離にいるから、できること、
日本から海外に、輸出して世界を変えていく。

●プレミアムフードショー2022秋 出展申込受付中!

ベジタリアン、グルテンフリー、ハラールなど世界的に
注目される食のトレンドを発信する専門展示会、第7回
オーガニックライフスタイルEXPOと同時開催となります。

会期:2022年9月16日(金)-18日(日)10:00-17:00
会場:東京都立産業貿易センター 浜松町館 2F~5F
入場料:1,000 円(税込)※招待券持参、
事前来場登録無料
主催:プレミアム・フードショー実行委員会

申込締切:2022年7月23日(金)
※出展のご案内:

premiumfoodshow.jp/hmf/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■02  ハラル・ジャパン協会からのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★1.【NNA】(輸出・進出)マレーシア

ムスリム旅行先、マレーシアが人気首位堅持
www.nna.jp/news/show/2344505

今年のハラル輸出、コロナ前の水準超えへ
www.nna.jp/news/show/2342366

ドトールが再出店、首都のららぽーとに
www.nna.jp/news/show/2343252?media=bn&country=myr&type=5&free=1

マレーシアはアフターコロナで輸出にインバウンドと
好調になれば、マレーシアでのハラルビジネスは一気
に好調になると予想します、とても楽しみ市場です。

——————————————————
★2.【特集】(輸出・進出)イラン

「イランってどんな国?」2分で学ぶ国際社会
 読むだけで世界地図が頭に入る本

⇒ダイヤモンド・オンライン
diamond.jp/articles/-/303622

イランは人口が多い、資源が豊富ですが、経済清算
などで順風満帆ではありません、日本も難しい投資
環境にありますが、パイプを持っておくといいイス
ラム諸国の1つです。

——————————————————
★3.【ニュース】(国内・インバウンド)スキー場

全国30スキー場の定額パス「アースホッパー」、
その発想の原点と未来図、日本の雪山の可能性を
創業者に聞いてきた

⇒トラベルボイス
www.travelvoice.jp/20220603-151246?tvm

日本のスキー場を再度コンテンツにするプランには
賛同します、暖冬と雪質や施設規模がバラバラです
から全国でも厳選されたスキー場だけになるかもし
れませんが、期待したいです。私もスキーに行きた
いものです。

——————————————————
★4.【JETRO/NNA】(輸出・進出)バングラデシュ

バングラデシュ《日系進出》
ライオン、バングラに初の連結子会社設立

www.nna.jp/news/show/2343290?media=bn&country=inr&type=5&free=1

果物や野菜などの生活必需品の輸入税が増額に、国民生活に影響も

www.jetro.go.jp/biznews/6a336c58cc54359e

輸入にかかるL/C開設時の保証金が引き上げに、輸入に影響の可能性

www.jetro.go.jp/biznews/2022/05/b512496da91d2280.html

バングラデシュは超親日ですが、ビジネススタイルを
わかっていないとハマります。ハラル・ジャパン協会
も提携先を間違え、大きな失敗をしました。チャンス
はまだまだある有望市場です。

——————————————————
★5.【NNA/JETRO等】(輸出・進出)インド

【プロの眼】食の習慣は食材で変わる インド食文化の原点回帰
www.nna.jp/news/show/2159514

インド《日系進出》
パイロット、北部に現法設立へ

www.nna.jp/news/show/2341631?media=bn&country=inr&type=5&free=1

ヤマハ発が初のリース事業 南部に現法、
他社製品も取り扱い

www.nna.jp/news/show/2305798?media=bn&country=inr&type=3&free=1

日系の7割、事業拡大に意欲
インド断トツ首位、ジェトロ調査

www.nna.jp/news/show/2270934?media=bn&country=inr&type=3&free=1

日本の醤油メーカーがインドに熱視線を注ぐ理由
規制緩和で〓本醸造しょうゆ〓が販売可能に

⇒東洋経済オンライン
toyokeizai.net/articles/-/500271

インドなど南西アジアはどこかに拠点を構えたいです。
まずは調査からしませんか?バングラデシュ、インド
パキスタンなどテストマーケティングしませんか?

——————————————————
★6.【ニュース】(輸出・進出)パキスタン

政府、自動車を含む33品目の輸入を禁止

⇒JETRO
www.jetro.go.jp/biznews/2022/05/bdfb839748af4512.html

スズキ〓アルト〓がパキスタンでバカ売れの理由
日本で人気の〓ガラ軽〓は世界で通用するのか

⇒東洋経済オンライン   
toyokeizai.net/articles/-/302254

パキスタンは外貨準備高が少なく、決済に問題があると
言われることが多いですが、在日パキスタン人と国内
取引で行い、リスクを軽減する輸出・進出もあります、
ご相談ください。

——————————————————
★7.【展示会募集】(輸出・進出)シンガポール

日本食品見本市 Food Japan 2022参加者募集

日本の農林水産品・食品・食品機器を東南アジア
市場へ売込むための日本食品見本市「Food Japan
2022」(開催地 シンガポール)の出展社を募集
しています。東南アジア市場に御関心のある方は、
公式WEBより出展検討のための資料請求(無料)、
または事務局までお気軽にお問い合わせください。

開催国・地域:シンガポール
参加方法:ブース出展
名称:Food Japan 2022
会期 2022年10月13(木)~14日(金)
会場:Suntec Singapore
主催:Food Japan実行委員会(OJ Events Pte Ltd)
後援:在シンガポール日本国大使館、
日本貿易振興機構(JETRO)、
自治体国際化協会(CLAIR)等
※5月31日現在
参加料金:2,700シンガポールドル$より
募集期限:2022年7月29日(金)

詳細、お申込みはこちら↓↓
oishii-world.com/

《お問い合わせ先》
Food Japan事務局 宛 (株式会社おいしいJAPAN内)
TEL:045-323-9155
E-mail:sales@oishii-japan.co.jp

——————————————————
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
2012年10月設立・ハラルビジネスのパイオニア       
一般社団法人ハラル・ジャパン協会 本部事務局

バックナンバー
プレミアムフードショー2022 シーフードショー東京2022 シーフードショー大阪 Youtubeチャンネル ハラル商品検索 補助金サポート 入会のご案内 講演依頼

提携先金融機関

全国各地域でのハラルビジネスの普及と包括的なサポートを目的とし、地銀18社様と業務提携をしています。

   千代田区 TOYAMA MUSLIM GUIDE 静岡ハラルポータル HALAL ONLINE BY HONOLU JAPANESE HEART Japan Muslim Guide HALAL DELI ハラルデリ シェアシマ やまとごころ アジア経営連合会

関連団体リンク

経済産業省 観光庁 ジェトロ JICA 中小機構