ご相談・お問合せ 電話でのご相談

[vol.960]  2022年ハラル・ジャパン協会10大ニュース

2022.12.31

☆★ 目次 ★☆
01:コラム「2022年ハラル・ジャパン協会10大ニュース」
02:ハラル・ジャパン協会からのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■01 コラム「2022年ジャパン協会10大ニュース」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ハラル・ジャパン協会の佐久間です。
年末年始の休みの中失礼いたします、お付き合いください。

12月までのお得な入会金無料キャンペーンのご案内
★★ハラル・ジャパン協会一般会員★★
jhba.jp/information/11240/
本日最終の締め切り日です!!

お申し込みはこちらまで、、、
月額換算約4000円です。
⇒ jhba.jp/member/regist/

大晦日の31日ですが、皆様はいかがでしょうか?

私は少し仕事(作業)をして
今回は名古屋経由で故郷、飛騨に向かいます。

実家への帰り方は、
富山経由、長野経由、名古屋(愛知)経由
の3通りあります。

今回は雪が心配ですので、
一番安全な南ルートの名古屋(愛知)ルートで帰省です。
(笑)

年末年始が大雪にならないこと期待したいです。
実家は先日の大雪で30cmくらい雪が積もったようです、、、
(寒)

さて本日のテーマ、
「2022年ジャパン協会10大ニュース」です。
勝手に順位を付けた、

今年のハラル・ジャパン協会の1年間の総括です。
毎年区切りのタイミングで、総括と展望が必要です。

まずは6‐10位です。

★10位

コーシャ・ジャパンとコーシャ認証取得支援で業務提携
~アメリカ・イスラエル・EU等輸出拡大狙う!~

12月の年末ですが、コーシャ・ジャパンの
代表のラビ・ビンヨミン・Y・エデリーさんと

静岡県、千代田区事業等でMTGしている中、
コーシャとハラルをうまく活用したら日本の地域活性化の
ビジネスモデルが日本の中で作れないか?と
意気投合、共闘することになりました。

当会はあくまでハラルの認証団体ではないことが、
コーシャ戦略も1つウリにしていきたいです、
今後に注目です。

1/25 千代田区オンラインインバウンドセミナー
jhba.jp/media/11490/

★9位

リアル展示商談会戻り積極出展、大きな成果あり
~原材料から水産、輸出メインなど多岐にわたる~

コロナもアフターウィズコロナでの今年は、
展示商談会も開催されるようになりました。

4月 プレミアムフードショー、シーフードショー大阪
5月 ifia国際食品素材/添加物展・会議
8月 ジャパンインターナショナルシーフードショー東京
10月 食品開発展

多くの展示商談会が開催され、
ハラル・ジャパン協会はコロナ前の出展実績で、
年間実績で10本ですからまだまだ約半分の水準ですが、
リアルイベント、セミナーでの事業者との接点は
とても大切だと再確認しました。

やっぱりリアルで個別相談が一番ですね??

★8位

海外オンラインバイヤー商談も年間300社を超える
~コロナ禍、オンラインバイヤー商談は存在感増す~

今年は
フランス、エジプト、アメリカ、オーストラリア
そしてマレーシア、シンガポール、インドネシア
そしてインド、バングラデシュ、パキスタン・・・
様々な国の方々とオンラインで商談、ミーティングを
しました。

オンラインで繋がる喜びをひしひしと感じました、
またコロナ禍で進化した新しいツール等にも感謝しながら、
来年もさらにサンプル送付+オンライン商談等の
企画をバージョンアップさせ実施していきたいと考えます。
※当会は商社事業は致しません。

多くの事業者とイスラム市場をつないでいきたいと
考えています。

★7位

一般会員150社超え、推奨マーク取得事業者も増加
~ハラル情報・ニュースだけでなく、広報PRツールとして認知!

ハラル・ジャパン協会の一般会員が急増しました、約50%増です
目的がハラル認証取得のための情報集取だけでなく、
広報PR・販売支援や推奨マーク※の使用の目的の事業者も増え、
20社以上を超えました。
※推奨マークはハラル認証ではありません。

来年は広報PR・販売支援をさらに強化して、
輸出・進出、インバウンドの実績作りに貢献できる
ようにしたいと考えます。

来年は海外でのテスト販売、試食販売、調査なども
チカラを入れたいと考えています。

★6位

国際認証複数取得の依頼増加傾向
~ハラル、コーシャ、ヴィーガンのセットの時代か!?~

10位との連動しますが、
食の多様性(グローバルスタンダード)を考えると
どうも「複数国際認証の組み合わせ」が
有効かつ重要な時代に入ったと実感しています。

これからは最大公約数で組み合わせて、
輸出国、市場を狙うことがとても大事だと考えます。

当会も同様にハラル、コーシャ、ヴィーガン認証等
取得コンサルティング案件が増えた一年で、
さらにさらに、強化したいテーマだと実感しています。

★ここで【番外】です。

ムスリムインバウンド事業も官民ともに復活
大阪関西万博2025、
アジア競技大会名古屋(愛知)大会2026も活動が活発化!?

今年10月には日本のインバウンドも全面解禁し、
中国等東アジア以外の国は順調に回復傾向です。

そんな中UAEではドバイ万博が開催、
隣のカタールではFIFAカタール大会が今年行われました!

そして次は日本の出番です!!
アフターウィズコロナ後の大事な発信の場でもあり、
実践の場です。

いまハラル・ジャパン協会では食の多様性関連で
関西や東海に行く機会が増えています。

インバウンド関連も旬です!

来年4月にはアジア競技大会名古屋(愛知)大会2026
のキックオフセミナーも開催予定です。
楽しみなインバウンド(大型MICE)事業も盛りだくさんです。

それでは、1-5位に戻ります。

★5位

新メディアJIOHASに6か月で200品以上掲載
~Japan International Online Halal Showcase好調!!~

広報PRの場として5月にハラルショーケースを解説しました。

jhba.jp/showcase/

6か月で約200商品の掲載達成、一般会員限定ですが、
まだ3割程度の掲載率ですが、バイヤーやメディアからも
注目されています。意外に評判がいいです。

その中でも成功事例が、
日本の大手ドラックストアチェーンから、
マレーシア、台湾等の輸出が決まったり、
またある北海道の水産加工会社は
隔月でインドネシアに40フィートコンテナ1本で
輸出が内定したり、、、

いい話もたくさんできました。
早く1000商品体制にしたいと考えています。

★4位

日本でのインドネシアハラル認証BPJPH取得スタート
~化粧品、健康食品、食品原料等数社取得広がる~

日本での新インドネシアハラル認証のBPJPHを
取得した事業者が増加中です!

インドネシアのハラル認証のシステムが
わからない!?とご指摘が・・・

やはりインドネシアBPJPH VS マレーシアJAKIMの
ニュースは今年も多いようです。

まだまだ実態がわからないこともありますが、
インドネシア国内でもBPJPHロゴマークも
流通し始め、少しつつ動き始めてます。

スタートは2024年10月まで約2年です。
まずはインドネシア市場へのアプローチで
正しい情報収集と戦略・戦術です。

★3位

地方自治体の東南アジア等への輸出支援事業増加
~新規地方自治体も事業も増え、インバウンド事業も再開~

相変わらず地方自治体事業は受託(再受託含め)しています、
今年度も増加傾向です。

岐阜県3事業、静岡県2事業、富山県1事業、東京都2事業、
千代田区1事業の他に福岡県、鹿児島県などと増えています。

輸出事業だけでなく、インバウンド・国内向け事業も
再開しつつあり、事業者マインドも少し変わったように感じます。
今後も期待できる輸出事業とインバウンド事業の
両方でのアプローチが大事です。

★2位

大手上場企業等からのハラルビジネスコンサルティング受託堅調
~食品・健康食品・生活用品等バランスよく増える、
社員研修ニーズも増える~

ホントに今年は超大手からたくさんお仕事いただきました!(礼)
ハラル認証可能性診断(海外)、
ハラル認証団体選定のコンサルティング、
また進出先の国選定、原材料の輸出可否の国別調査事業など
多種多様の調査やコンサルティングです。

今後もますます増えそうな予感がします。
事務局員の増員も検討が必要ですね!?

またハラルビジネスは2極化した1年です。
大手の戦略、中堅、中小事業者の戦略が違うことも確認できましたが、
ポイントは戦略と戦術を考えれば、うまく活用できることです。

★1位

祝!!ハラル・ジャパン協会10周年!
ハラル認証商品取得コンサルティング+輸出支援事業好調!!
~2年間で約100社のハラル認証取得コンサルの信用と実績~

足掛け10年間、インバウンド、アウトバウンド(輸出・進出)
の方向性の違いが時代ごとに違いはありましたが、
愚直に、まじめにコツコツ、そしてぶれず、
ハラルビジネスのみで10年間歩んでまいりました。

続けることの難しさ、大切さを考えながら、
ここでの失敗・成功の体験が集積され、ナレッジできてきました!
そして血となり、肉となりいまアウトプットの時です。
(汗)

会員、事業者の皆様に、そのノウハウを活用していただける
ようになり、実績が出てきたことが一番うれしく感じた1年です。

次の10年は皆様と一緒に寄り添いながら
海外展開、員場運展開のお手伝いができればと考えています。

ここまでが1位~10位そして番外でした。
引き続き宜しくお願い致します。

【12月後半のキャッチフレーズ】⇒
1月にスタートして24個目です、、、、

日本のハラルビジネスにも3Jがある。
メイド・イン・ジャパン、メイド・バイ・ジャパン、
プロデュース・ドバイ・ジャパン展開で推進。

2022年も本当にありがとうございました!
2023年も引き続き宜しくお願い致します。

また皆さんにとって実り多いハラルビジネス
となることを祈念いたしています。

よいお年をお迎えください。

一般社団法人ハラル・ジャパン協会
代表理事 佐久間 朋宏

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■02  ハラル・ジャパン協会からのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★1.【連載】(輸出・進出・インバウンド)

イスラム市場(南西アジア・中東)からハラルビジネス研究
【食品ハラルビジネス進化論~ハラル認証原料編vol.9】

jhba.jp/information/11480/

——————————————————
★2.【ニュース】(輸出・進出)茨城県

常陽銀行、食品輸出支援を強化
フィードバック体制確立

⇒日本経済新聞
www.nikkei.com/article/DGXZQOCC083NB0Y2A201C2000000/

常陽銀行は当会とハラルビジネスで業務提携しています。
海外輸出はやはり継続が一番重要であります。フィード
バック体制があることはいいことだと考えます。

——————————————————
★3.【リリース】(輸出・インバウンド)

アウトバウンド+インバウンド=マルチバウンド

ジェトロ、JFOODO及びJNTOが相互連携に関する覚書を
締結しました

⇒経済産業省
www.meti.go.jp/press/2022/12/20221214003/20221214003.html

日本貿易振興機構(ジェトロ)、日本食品海外プロモーションセンター
(JFOODO)及び日本政府観光局(JNTO)の三者は、2022年12月14日に
「日本の農林水産物・食品の輸出とインバウンド観光の促進に向け
相互連携に関する覚書」を締結し、同日開催の令和 4 年度農林水産物
等輸出促進全国協議会総会で取り交わしました。当該MOUの締結により、
農林水産物・食品の輸出とインバウンド消費の相乗的な拡大が期待
されます。

1.経緯
ジェトロは、農林水産物・食品の輸出拡大を重点業務の1つとして海外
販路拡大支援に取り組んでおります。JFOODOは日本産の農林水産物・
食品の海外消費者向けプロモーションのほか、今年度からは日本の
文化の発信も担っています。JNTOはインバウンド観光の促進に向けた
マーケティングのほか近年はセミナーやコンサルティング等を通じ
地域のインバウンドの取組支援を行っています。

ポストコロナの訪日外国人の増加を見据え今年10月に開催された観光
立国推進閣僚会議では、円安の状況も活かしつつインバウンドを農
水産物・食品のさらなる輸出拡大につなげるよう取り組むことが議
されました。海外旅行及び訪日旅行の主要目的として、全市場共通
「食」への関心が高いことは各種調査で明らかになっています。

こうした背景を踏まえジェトロ、JFOODO、JNTOの三者は、農林水産物
・食品輸出とインバウンド観光に関してそれぞれが有する知見や業
関係者とのネットワーク、海外の消費者への訴求力等の強みを生か
て相互に連携し、日本の農林水産物・食品の輸出とインバウンド観
の相乗的な拡大を図ることを目指し、相互連携に関する覚書を締結
しました。

具体的には外国人向けに観光情報を発信するJNTOのSNS(フォロワー数
:延べ約1,000万人)を通じて、ジェトロの特設ECサイトを紹介し、
誘導するなど、デジタルマーケティング関連事業における連携を行
ほか、海外で開催される日本食・食文化、観光イベント等における
それぞれの動画放映、日本食の提供等のPR活動の連携や海外現地事務所
間の情報共有等を行います。

——————————————————
★4.【ニュース】(輸出・進出)福岡県

ドリームマッシュ、アジアに冷凍キノコ輸出

⇒日本経済新聞
www.nikkei.com/article/DGXZQOJC087ZJ0Y2A201C2000000/

日本のキノコも輸出産業の仲間入りです。レトルトカレーや出汁
(だし)ニーズは大きい市場です。冷凍ノウハウや日本食の人気
が高まっているインドや中東地域展開も面白いです。

——————————————————
★5.【ニュース】(輸出・進出)ベトナム

タンソンニャット空港、
ハラール認証取得のラウンジを開設 国内初

⇒VIETJO
www.viet-jo.com/news/economy/221220175927.html

日本産温州ミカンの販路開拓支援、ジェトロ

⇒NNA
www.nna.jp/news/2454385?media=bn&country=icn&type=5&free=1

——————————————————
★6.【JETRO/NNA】(輸出・進出)インド・バングラデシュ

南西アジアの日系企業の2023年
営業利益見通しは良好

⇒JETRO
www.jetro.go.jp/biznews/4cc77d1b350585af

【食品輸出ウェビナー】
インドにおける日本食品市場
(BtoB(フードサービス)編、BtoC(小売)編)
(2022年12月23日~2023年2月22日 オンライン)

⇒JETRO
www.jetro.go.jp/events/aff/a862083f0f568816

日・バングラデシュEPAに向けた共同研究立ち上げ

⇒JETRO
www.jetro.go.jp/biznews/6224badd1b41f0ba

世界2位の衣料品輸出国を維持、
今後は高付加価値製品の輸出拡大へ

⇒JETRO
www.jetro.go.jp/biznews/36d789ae31aec94e

ダッカメトロが28日開業へ

⇒JETRO
www.nna.jp/news/2455567?media=bn&country=inr&type=3&free=0

——————————————————
★7.【事業者参加者募集】(インバウンド・国内)千代田区

東京都千代田区
オンラインセミナー&アドバイザー派遣事業
参加事業者募集中(無償)

jhba.jp/media/11490/

●[アドバイザー派遣]
jhba.jp/chiyoda2022/

東京都千代田区では、ムスリム・ベジタリアン旅行者など
外国人及び日本在住外国人の受入れに取り組んでいる、
または取り組みたいと考えている飲食店や宿泊施設、商業
施設、お土産店、礼拝施設、病院等を支援いたします。

支援内容はムスリム・ベジタリアンを含む訪日外国人対応
の基礎知識・接遇の研修、メニュー開発等さまざまです。

ムスリムのアドバイザー派遣終了後は、店舗情報をホーム
ページや紙メディア等へ日本語・英語の2ヵ国語で掲載する
支援も行います現行メニューをムスリムやベジタリアン(
ヴィーガン)向けにアレンジしたり、オリジナルの新メニ
ュー・お土産を開発したりなど、ニーズに合わせて対応
いたします。無料で参加できますので、この機会に是非、
ご応募ください!

●[セミナー]
jhba.jp/chiyoda2022seminar/

ムスリムやベジタリアン等の多様な食文化・食習慣に関する
知識の取得や、外国人観光客を受け入れたい区内事業者の掘
り起こしを目的としたセミナーを開催します。

日時      令和五年1月25日(金)14:00~16:00
開催方法   
Zoom ウェビナーを使用したオンンライン配信
※スマートフォン、タブレットでも視聴可能です

参加費:無料
対象者:千代田区内の飲食店、宿泊施設、その他の観光関連
事業者、食品を扱う卸売業者、食品製造業者等

セミナープログラム
PROGRAM 1
ヴィーガン(ベジタリアン) 「ベジタリアンの基礎」(30分)
橋本 晃一 氏
講師:認定NPO 法人日本ベジタリアン協会
理事・事務局長 橋本 晃一 氏
ヴィーガン、ベジタリアン の第一人者で東京都インバウンド
事業などを受託。JAS規格もあるヴィーガン認証団体でもあります。

PROGRAM 2
ハラル(ムスリム)「ハラルの基礎」30分
佐久間 朋 宏 氏
講師:一般社団法人ハラル・ジャパン協会
代表理事 佐久間 朋 宏 氏
ハラルビジネスのスペシャリストで第一人者。
ハラル(イスラム)ビジネスに関する数多くのセミナー・講演・
企業研修を実施。分かりやすい解説に定評があります。

PROGRAM 3
コーシャ(ユダヤ教徒)「コーシャの基礎」(30分)
ビンヨミン・ Y ・エデリー 氏
講師:コーシャジャパン株式会社
代表 ビンヨミン・ Y ・エデリー 氏
日本初のコーシャ認証機関。ユダヤ教やイスラエルの話も交え、
コーシャの基本についてお話しいただきます。

PROGRAM 4
実践事業者セミナー(30分)
実践事業者セミナー講師:
麺屋 帆のる オーナー 島居里 至 氏
ムスリムに人気のハラルラーメン店の取り組みとメニューや
ムスリム対応
を解説いただきます。

講師:
自然食、飲茶・点心 ラビング ハット 店長 吉井理恵 氏
ヴィーガンやべ ジタリン向けの人気 メニューや対応方法を
レクチャーいただきます。

jhba.jp/media/11490/

——————————————————
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
2012年10月設立・ハラルビジネスのパイオニア       
一般社団法人ハラル・ジャパン協会 本部事務局

バックナンバー

ハラル最新情報 公式SNSで配信中

ハラルジャパン協会公式facebook ハラルジャパン協会公式Twitter ハラルジャパン協会公式Instagram
富山県ムスリムフレンドリー飲食店推進事業 千代田区アドバイザー派遣 千代田区セミナー セミナー・アドバイザー派遣 シーフードショー大阪 岐阜県ハラールチャレンジプロジェクト 岐阜県ハラールビジネスオンラインセミナー Youtubeチャンネル ハラル商品検索 補助金サポート 入会のご案内 講演依頼

提携先金融機関

全国各地域でのハラルビジネスの普及と包括的なサポートを目的とし、地銀18社様と業務提携をしています。

   千代田区 TOYAMA MUSLIM GUIDE 静岡ハラルポータル HALAL ONLINE BY HONOLU JAPANESE HEART Japan Muslim Guide HALAL DELI ハラルデリ シェアシマ ベジプロジェクト やまとごころ アジア経営連合会

関連団体リンク

経済産業省 観光庁 ジェトロ JICA 中小機構