ご相談・お問合せ 電話でのご相談

【インドネシア】BPJPH、必須のハラル認証 2024 を外国のビジネス関係者に周知

2023.05.07
最新ハラルニュース
海外レポート

ジャカルタ「BPJPH」—宗教省のBPJPHは、ハラール製品保証の社会化と教育を続けています。BPJPH は、国内の一般市民やビジネス関係者だけでなく、海外のビジネス関係者にもハラール製品保証を広めています。

ごく最近、BPJPH は、2024 年 10 月 17 日から施行される、インドネシアの領土に入り流通し、取引される製品に対するハラール認証の義務を情報宣伝しました。

 

「この会議はそう遠くない将来、ハラール認証を受けていない食品や飲料がなくなると想定される段階に入るということを共有し、知らせるために重要です。」 木曜日(2022 年 4 月 13 日)ジャカルタの仮想会議チャネルを通じて、 BPJPH の責任者は述べました。

 

ハラール認証を受ける義務は、国内や国産の製品だけでなく、外国の事業者にも適用されます。 2014 年法律第 33 条第 4 条では、インドネシアで流通、取引されるすべての製品はハラール認証を受けなければならないと決まっています。

 

“違反した場合、もちろん制裁があります。行政から始まり、罰金、さらには市場から製品を撤去するための制裁もあります。” Aqil は強調を追加しました。さらに、Aqil は、BPJPH は外国のハラール機関との協力も継続していると述べました。 現在、44 カ国から 197 の海外ハラール機関が、ハラール基準の相互承認に協力するために BPJPH に申請書を提出しています。

 

記事の出所: BPJPH News 2023年4月16日

ハラル・ジャパン協会インドネシア支部

Lina Setianingrum

トピックス

カテゴリー / Category

よく読まれている記事

トピックス

ハラル最新情報 公式SNSで配信中

ハラルジャパン協会公式facebook ハラルジャパン協会公式Twitter ハラルジャパン協会公式Instagram ハラルジャパン協会公式YouTube
BPJPH 新インドネシア ハラル認証実務者研修 ハラール飛騨牛メニューフェア2024 RECRUIT 採用情報 急募 HALALOO プレミアムフードショー2024 東京都、外国人旅行者受入セミナー 健食原料・OEM展2024 シーフードショー大阪2024 インドネシア技術開発協同組合 ハラル商品検索 補助金サポート 入会のご案内 講演依頼

提携先金融機関

全国各地域でのハラルビジネスの普及と包括的なサポートを目的とし、地銀18社様と業務提携をしています。

   千代田区 TOYAMA MUSLIM GUIDE 静岡ハラルポータル HALAL ONLINE BY HONOLU JAPANESE HEART Japan Muslim Guide HALAL DELI ハラルデリ シェアシマ ベジプロジェクト VEGAN OMOTENASHI やまとごころ アジア経営連合会

関連団体リンク

経済産業省 観光庁 ジェトロ JICA 中小機構