ご相談・お問合せ 電話でのご相談

【インドネシア】SIHALAL強化、BPJPHがBI、BRAIN IPBと連携

2023.04.21
最新ハラルニュース

ジャカルタ「BPJPH」— BPJPH は、ハラール認証サービスの品質向上に引き続き取り組んでいます。 ごく最近、BPJPH の取り組みは、SIHALAL情報システムを強化するための情報技術の使用を調査することによって実現されています。この取り組みは、BPJPH がインドネシア銀行のイスラム経済財務局と IPB 大学のブロックチェーン、ロボティクス、人工知能ネットワーク (BRAIN) チームと共に実施しています。

 

“BPJPHは、デジタル変化を通じて可能な限り最高のハラールサービスを提供することに引き続き注力しています。そして今日、DEKS BIおよびIPB BRAINチームとSIHALALアプリ開発のキックオフミーティングを開催しています”と、BPJPH所長、 M. Aqil Irhan、木曜日(2023 年 6 月 4 日)、ジャカルタの BPJPH ビルでハラール情報システム アプリの開発のキックオフ ミーティングで話しました。

 

キックオフミーティングに出席したのは、DEKS BI 副所長Diana Yumanitaとチーム、BRAIN 研究チームの責任者である IPB 大学Prof. Dr. Ir. Yandra Arkeman, M.Eng、IPB BRAIN チームおよびアプリ開発者チーム。

 

“BPJPH と DEKS BI および BRAIN IPB との相乗効果は、我々のハラル製品保証サービスシステムの基盤である情報システムを強化するために革新するための重要なステップです”、 アキルは言ってました。

 

アプリ開発に加えて、BPJPH は情報技術インフラストラクチャの強化も続けており、通信情報省の国立データセンターの施設を利用しています。

 

さらに、Aqilは、通信情報省の国立データセンターを使用してSIHALALサービスシステムを強化することは、処理能力、メモリ、およびストレージメディアを増やし、負荷分散とアプリクラスタリングを実装することを目的としていると述べました。その上、広範囲にわたるハラール認証サービスのビジネス プロセスが存在し、多くの利害関係者が関与するためには、多くのユーザーが使用し、継続的に機能する強力で適切なシステムを利用できる必要があります。

 

“SIHALAL サービス システムの範囲は非常に広く、関連するの利害関係者のシステムと統合されていることを考慮すると、SIHALAL インフラストラクチャを強化する必要があります、” Aqilは続けた。

 

“だから他に選択肢はありませんが、サービスシステムのデジタル化と自動化のプロセスを継続して、ハラール認証プロセスをスピードアップしながらデータの精度を向上させる必要があります。さらに、時間の経過とともに、SIHALALでの活動トラフィックの傾向は増加し続けています、” 彼は言った。

 

インフラストラクチャを強化し、SIHALAL アプリを開発する取り組みは、宗教大臣Yaqut Cholil Qoumasが立ち上げた宗教省の 7 つの優先政策の 1 つであるデジタル変革政策にも沿っています。 目標は、高速、簡単、安価で専門的な技術ベースのコミュニティ サービス システムを提供することです。

 

このキックオフミーティングでは、人工知能を適用してハラル認証サービスをデジタル化および自動化するために必要なシハラル アプリの開発について話し合いました。また、トレーサビリティ システムのブロックチェーン実装を設計しながら、ハラール製品を追跡および検出できます。

 

デジタル化と自動化が必要なハラール情報システム サービス モジュールには、以下の通り:

 

  • 自己申告制度によるハラル認証の提出
  • 正規の仕組みによるハラル認証の提出
  • 海外ハラール認証登録
  • ハラール監査員登録
  • ハラール製品プロセスアシスタント登録 (P3H)
  • ハラール製品加工支援機関(LP3H)の登録
  • ハラール製品保証のモニタリング
  • ハラール検査機関認定の提出
  • ハラール検査機関再認定の提出
  • 外国ハラール機関との協力の提出
  • ハラール商品保証サービス決済システム

 

“人工知能とブロックチェーン技術の使用が、ビジネス関係者と BPJPH 利害関係者の両方のすべての SIHALAL ユーザーに信頼性が高く、正確で、利便性を提供できるサービス システムを提示するという我々の言質を実現するためのブレークスルーとしてのパイロット プロジェクトになることを願っています、”とAqilは言ってました。

 

記事の出所: BPJPH News 2023年4月5日

ハラル・ジャパン協会インドネシア支部

Halal Bersama Association

Lina Setianingrum

トピックス

カテゴリー / Category

よく読まれている記事

トピックス

ハラル最新情報 公式SNSで配信中

ハラルジャパン協会公式facebook ハラルジャパン協会公式Twitter ハラルジャパン協会公式Instagram ハラルジャパン協会公式YouTube
BPJPH 新インドネシア ハラル認証実務者研修 HALALOO ジャパン・インターナショナルシーフードショー2024 ハラル商品検索 補助金サポート 入会のご案内 講演依頼

提携先金融機関

全国各地域でのハラルビジネスの普及と包括的なサポートを目的とし、地銀18社様と業務提携をしています。

   千代田区 TOYAMA MUSLIM GUIDE 静岡ハラルポータル HALAL ONLINE BY HONOLU JAPANESE HEART Japan Muslim Guide HALAL DELI ハラルデリ シェアシマ ベジプロジェクト VEGAN OMOTENASHI やまとごころ アジア経営連合会

関連団体リンク

経済産業省 観光庁 ジェトロ JICA 中小機構