ご相談・お問合せ 電話でのご相談

ウズベキスタンのスーパーからハラール製品をリポート!(後編)

2023.12.25
最新ハラルニュース
海外レポート

こんにちは、ハラルビジネスインターン生の安田です。現在、語学留学のため、ウズベキスタンに滞在中の大学生です。

本記事では、前編、後編に渡り、「ウズベキスタンにおけるハラルマークの普遍性」「ハラールマークの多様性」をお伝えしております。本記事は後編です。

前回の記事はコチラ⇒:ウズベキスタンのスーパーからハラール製品をリポート(前編)

 

前編に引き続き、ウズベキスタンの1つのスーパーに、どれだけハラールマークのついた商品が販売されているのか、レポートしています。前編で飲料、乳製品、肉類コーナーを紹介したため、次はお菓子コーナーへ。

 

ポテトチップスやチョコレートにマークがあります。

 

日本でもお馴染みのお菓子にもハラルマーク。

 

コーヒーや紅茶などの嗜好品に、

 

小麦粉類は、原料となるイーストと、ウズベク人にはお馴染みの菓子パンにもマークが確認できました。

 

パック売りされているスパイス類や、

 

ひまわり油とアマニ油といった食用油、

 

 

冷凍食品やインスタント食品などなど。

 

このように、ウズベキスタンのスーパーには、ハラールマークのついた食品が溢れています。肉類や加工品といったジャンルに捉われず、全てを網羅しています。

 

1つのスーパーのみを俯瞰してみても、その量の膨大さから、ウズベキスタンは、ハラルマークを必要とする社会であることが伺えます。

 

ハラルマークの付いた商品の輸出を検討するにあたり、その相手国に、サウジアラビアといった中東の国々や、東南アジアを想像する方も多いと思います。しかし、ここ、中央アジアのど真ん中のウズベキスタンでも、ハラルマークに高い需要が存在します。

 

すでに自社製品にハラルマークを取得し、海外に輸出している企業様も、ハラルマークの導入を検討している企業様も、新しい市場として、ウズベキスタンを視野に含めてみては如何でしょうか?

 

ハラルビジネスに関しまして、疑問点、ご相談がございましたら、ハラルジャパン協会に、お気軽にお問い合わせください。

 

文責:ハラルジャパン協会・ハラルビジネスインターン生 安田佳那子

カテゴリー / Category

よく読まれている記事

トピックス

ハラル最新情報 公式SNSで配信中

ハラルジャパン協会公式facebook ハラルジャパン協会公式Twitter ハラルジャパン協会公式Instagram ハラルジャパン協会公式YouTube
BPJPH 新インドネシア ハラル認証実務者研修 HALALOO ジャパン・インターナショナルシーフードショー2024 ハラル商品検索 補助金サポート 入会のご案内 講演依頼

提携先金融機関

全国各地域でのハラルビジネスの普及と包括的なサポートを目的とし、地銀18社様と業務提携をしています。

   千代田区 TOYAMA MUSLIM GUIDE 静岡ハラルポータル HALAL ONLINE BY HONOLU JAPANESE HEART Japan Muslim Guide HALAL DELI ハラルデリ シェアシマ ベジプロジェクト VEGAN OMOTENASHI やまとごころ アジア経営連合会

関連団体リンク

経済産業省 観光庁 ジェトロ JICA 中小機構