ご相談・お問合せ 電話でのご相談

アジアの日本食レストラン数は宝の方程式

2020.02.01
協会からのお知らせ
最新ハラルニュース

昨年末になりますが、興味深い集計データが発表されました。農林水産省がまとめた2019年海外における日本食レストラン数の調査結果によると、2019年の海外における日本食レストランの数は約156,308店ということです。

2017年は118,000店だったのが2年間で3割増しになったそうです。

農林水産省 食料産業局 Food Industry Affairs Bureau. Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries.

これは日本食(和食)がブーム、または食べられる人が増えた。そして日本に来てくれる観光客も増えて相乗効果が出ていると考えられます。世界的な日本食ブームと言われていますが、ヨーロッパ、ロシア、中東における店舗数はほぼ横ばいです。一方でアジアは2017年の69,000店から5割増しの101,000店まで増えています。世界における日本食ブームや市場は、アジアが牽引しているということです。
アジアの約101,000店、北米の約29,400店は全体の84%を占めています。日本食の輸出・進出はアジア・北米展開を中心に考えた方が無難ですね。今後はさらにハラル、コーシャ、ヒンズー、グルテンフリー、ヴィーガン(ベジタリアン)対応が重要になります。日本食レストランが増えると、日本食(和食)の理解が進む。それが人気になるとコンビニエンスストアで販売される。自宅でケータリングを注文したり、またレシピがわかると自分で調理をするようになる。スーパーマーケット等で日本食品も販売されるようになり、日本からのホンモノ志向の原材料が売れるようになる。まさにアジアの日本食レストラン数は宝の方程式なのです。
インバウンドとアウトバウンドのハイブリッド効果で日本食レストランが増えると、輸出・工場の進出なども増え更なる相乗効果が生まれてくるでしょう。特に東南アジア、南西アジアなどは大チャンスの可能性。但しこれからの時代はハラルを正面に据えて、ハラルマークを標準装備的に考えることも必要になるかもしれません。
ここからは告知です。

 

ハラル・ジャパン協会の2つの0円キャンペーン実施中

「0円でハラル認証が取得できる」キャンペーン中です!!
 
一般会員新規入会金無料キャンペーンスタート!!
 

インドネシアビジネスセミナー2020春

2月6日にインドネシアビジネスセミナー2020春を開催します。インドネシアの常識が変わる、BPJPHハラル認証取得、テストマーケティング、認証取得相談を盛り込んだ本格的な内容です。参加費無料!50名限定、食品、健康食品、化粧品メーカー等の事業会社のみご参加いただけます。
日本にいながら、インドネシアBPJPHハラル認証の取得を考えてみませんか?
テスト販売しながら、インドネシアの輸出・進出を現地でサポートします。

なんと日本インドネシア輸出入促進協議会 JITC事務局も主催に参加。

是非、ご参加ください!

カテゴリー / Category

トピックス

東京都ムスリム等外国人受入 プレミアムフードショー Youtubeチャンネル 0円ハラル認証 補助金サポート 入会のご案内 講演依頼 ハラル対策ハンドブック 礼拝マット 礼拝用アコーディオンブース インドネシアハラル認証取得代行

提携先金融機関

全国各地域でのハラルビジネスの普及と包括的なサポートを目的とし、地銀18社様と業務提携をしています。

   アジア経営連合会 やまとごころ TOYAMA MUSLIM GUIDE 静岡ハラルポータル JAPANESE HEART シェアシマ シーフードショー シーフードショー大阪 Japan Muslim Guide HALAL DELI ハラルデリ

関連団体リンク

経済産業省 観光庁 ジェトロ JICA 中小機構