ご相談・お問合せ 電話でのご相談

【インドネシア】BPJPHと協同組合・小零細企業省がハラール認証の加速化に向けた調整会議を開催

2023.05.25
最新ハラルニュース
海外レポート

ジャカルタ「BPJPH」— 政府はハラール製品の認証を迅速化するために懸命に取り組んでいます。 この取り組みは現在、ハラール認証の迅速化に向けた全国調整会議を組織して進められています。 この調整会議は、宗教省のハラール製品保証機構(BPJPH)が協同組合省および小零細企業と協力して主催しました。 インドネシア全土の州および地区/市レベルの協同組合および小零細企業を担当するサービス責任者、およびハラール製品保証サービスタスクフォース(JPH)がハイブリッド調整会議に出席しました。

 

“この調整会議は、インドネシア全土の協同組合や中小企業を担当する事務所を通じて、BPJPHと協同組合・小零細企業省、さらには州政府や地区・市政府との間の連携と相乗効果を強化し、特にハラル認証の達成を加速することを目的としています、” とBPJPHの責任者であるムハマド・アキル・イルハムは水曜日(2023年5月17日)ジャカルタで述べました。

 

さらに、アキル氏によると、この調整会議は、BPJPH、協同組合・小零細企業省、インドネシア全土の協同組合・小零細企業局がすでに実施してきた、自己認証を通じてハラール認証を促進するために行ってきた協力的な取り組みの継続であったとのことです。

 

“BPJPHの戦略的パートナーとして、我々は協同組合および小零細企業省がインドネシア全土の州および地区/都市の協同組合および小零細企業を担当する事務所を通じてハラール認証を平等に促進する形で支援を提供することを望んでいます、” とアキル氏は説明しました。

 

アキル氏はさらに、関連機関の監督の下でビジネス関係者がハラール証明書を取得するための迅速な支援を提供されるよう要望を表明しました。 関連組織からの支援に加えて、無料ハラール認証 (Sehati) プログラムを利用して、支援を受けた中小企業にハラール認証をすぐに取得するよう指示することができます。

 

“関連機関の支援を受けた小零細企業も、Sehatiプログラムの無料ハラール認証枠を利用して、すぐにハラール認証を申請することができます。BPJPHは2023年に100万件の無料ハラール認証を提供する予定です、” アキルは続けました。

 

アキル氏は、Sehatiプログラムを通じてハラール認証を申請するために、州の宗教省の地方事務所および地区または市の宗教省の事務所にあるハラール製品保証サービスタスクフォース(JPH)と直ちに協力するよう政府の適切な部門に指示しました。 アキル氏はまた、小零細企業関係者が自己宣言スキームに基づいてハラール認証を提出する際には、それぞれの地域のハラール製品プロセス支援機関(LP3H)のハラール製品プロセスファシリテーター(PPH)が同行することを保証しました。 Sehatiの提出は、SIHALAL(ptsp.halal.go.id)または宗教省のPusakaアプリ申請書を通じて提出できます。

 

以前、小零細企業協同組合省の小零細企業保護担当副次官補と小零細企業協同組合のラフマディ副次官は、小零細企業協同組合省は、特に中小企業プレーヤー向けのセハティを通じて、ハラール認証プログラムの加速化においてBPJPHを支援することに非常に熱心に取り組んでいると述べました。

 

“協同組合・小零細企業省は、小零細企業関係者に100万件のハラール認証を無料で割り当てるBPJPHを支援しています。その結果、協同組合・小零細企業省とBPJPHは、協同組合を担当する地域の技術機関との本日の会議を通じて、これについて調整しようとしています。 小零細企業と宗教省地方局は、自己宣言によるハラール認証の促進を加速するための準備を共同で行うためだ、” とラフマディ氏は説明しました。

 

“小零細企業向けハラール認証を加速する取り組みとの関連でのこの調整会議は、ハラール産業における小零細企業の発展を加速する取り組みにおいて非常に重要であり、ひいてはインドネシアにおけるデジタルシャリア経済エコシステムの形成を加速することができる、” とラフマディ氏は追加しました。

 

ラフマディ氏は、ハラール認証を急ぐ取り組みは、インドネシアのハラール産業と小零細企業の両方の発展を調整する真の運動に発展するだろうと付け加えた。 ハラール認証は、小零細企業の製品をより強力にし、より品質を高め、競争力を高める上で重要な役割を果たすことは間違いありません。

 

“特にインドネシアのイスラム経済エコシステムの発展を促進することを通じて、雇用の増加を促進し、貧困を削減するために、中小企業や零細企業が国家経済に提供する貢献を増やすよう努めましょう。 さらに、中小・小規模企業が生産する製品の国内外の競争力を向上させましょう、” ラフマディ氏は結論しました。

 

記事の出所: BPJPH News 2023年5月16日

ハラル・ジャパン協会インドネシア支部

Lina Setianingrum

トピックス

カテゴリー / Category

よく読まれている記事

トピックス

ハラル最新情報 公式SNSで配信中

ハラルジャパン協会公式facebook ハラルジャパン協会公式Twitter ハラルジャパン協会公式Instagram ハラルジャパン協会公式YouTube
RECRUIT 採用情報 急募 HALALOO プレミアムフードショー2024 東京都、外国人旅行者受入セミナー 健食原料・OEM展2024 シーフードショー大阪2024 インドネシア技術開発協同組合 ハラル商品検索 補助金サポート 入会のご案内 講演依頼

提携先金融機関

全国各地域でのハラルビジネスの普及と包括的なサポートを目的とし、地銀18社様と業務提携をしています。

   千代田区 TOYAMA MUSLIM GUIDE 静岡ハラルポータル HALAL ONLINE BY HONOLU JAPANESE HEART Japan Muslim Guide HALAL DELI ハラルデリ シェアシマ ベジプロジェクト VEGAN OMOTENASHI やまとごころ アジア経営連合会

関連団体リンク

経済産業省 観光庁 ジェトロ JICA 中小機構