ご相談・お問合せ 電話でのご相談

日本のハラルビジネスシリーズ 4

2021.09.10
最新ハラルニュース

海外と国内を分けてイスラム市場を開拓が必要

・輸出・進出と国内・インバウンド対応を別けて考える

イスラム市場に取り組む際には、定石といったものは存在しない。輸出・進出と国内・インバウンド対応は分けること、ハラル認証ありきになららないことは重要であろう。ターゲットとなる国、ハラル認証が必要か否か、味・値段などの商品やサービスによって方法は変わる。例えば、インドネシアに輸出する際に、冷凍切身魚はハラル認証を取得しなくてもよいが、和牛はハラル認証を取得すべきだろう。しかし、数年後には切身魚にもハラル認証が必要になっているかもしれない。このように、モノにより時代により変化するのもイスラム市場の特徴。そしてハラル認証の難しさかもしれない。ただし、それにも負けない魅力ある市場である。

 

HALAL HIDA BEEF

・イスラム教=砂漠の宗教=テロ集団のニュースイメージ

ハラルビジネスは政治リスクと宗教リスクが必ず存在する。ISISのテロ事件での日本人殺害、ダッカテロ日本人殺害事件は記憶に新しい。日本人は連想する。イスラム教徒は砂漠の宗教であり、遠い国の宗教であり、テロ集団で恐ろしいイメージが根底にあると考え、ハラルビジネスの普及には時間がかかるだろう。日本は世界の中でも非イスラム教徒の国で、極端にイスラム教徒が少ない島国である。宗教をベースにしたビジネスは苦手だが、キリスト教や仏教と同じような宗教と考えると理解が早いかもしれない。現在のアフガニスタンのタリバン政権も冷静に対応して欲しい。

カテゴリー / Category

トピックス

ハラールフードセレクション 岐阜県 イスラム市場販路開拓促進支援事業 Youtubeチャンネル 0円ハラル認証 補助金サポート 入会のご案内 講演依頼 ハラル対策ハンドブック インドネシアハラル認証取得代行 お祈りマット

提携先金融機関

全国各地域でのハラルビジネスの普及と包括的なサポートを目的とし、地銀18社様と業務提携をしています。

栄養食品素材展 アジア経営連合会 やまとごころ TOYAMA MUSLIM GUIDE 静岡ハラルポータル JAPANESE HEART シェアシマ Japan Muslim Guide HALAL DELI ハラルデリ

関連団体リンク

経済産業省 観光庁 ジェトロ JICA 中小機構