ご相談・お問合せ 電話でのご相談

日本のハラルビジネスシリーズ 6

2021.11.29
最新ハラルニュース

2012年・2013年を学べばハラルビジネスの根底がわかる!?

・中国尖閣問題、韓国竹島問題で輸出・進出市場に変化

12年は中国では尖閣問題、韓国では竹島問題に大きく揺れた。中国・韓国だけを相手とした取引では不安なことから、東南アジア(特にマレーシア・インドネシア・シンガポールなど)に目を向ける事業者が増えるきっかけとなった。必然的に、ハラルビジネスが注目されるようになり、我々は12年を「ハラルビジネス元年」と名付けていた。ただし、当時のハラルビジネスはアウトバウンドがけん引役で、インバウンドはそれほど顕在化していなかった。また、現地に製造拠点がある大手企業からの問い合わせも多く、我々への相談は少し軽い勉強レベルでのヒアリングや確認が多かった。

 


 
・東京五輪・パラ、世界遺産で盛り上がる

13年9月には東京オリンピック・パラリンピック2020の招致が決定した。その年、富士山、和食なども世界遺産に登録され、マレーシアのビザ緩和、LCCの台頭なども相まってハラルビジネスの国内マーケットは大いに盛り上がった。インバウンド需要の期待が鮮明になり、「ムスリムインバンド」などという言葉も表れ、輸出・進出だけでなく、プラスαインバウンド、「ハラル対応したら儲かるかも?」というモードに突入して、急激にインバウンド中心にセミナー、ハラル認証取得コンサルティングにニーズが集まった。また、国内なので中小企業も気軽に参入できて差別化が可能なため、全国にすそ野が広がった年でもある。食べ物中心に、官民で普及の兆しが見られたが、効果はすぐにはみられなかった。

 

トピックス

カテゴリー / Category

よく読まれている記事

トピックス

ハラル最新情報 公式SNSで配信中

ハラルジャパン協会公式facebook ハラルジャパン協会公式Twitter ハラルジャパン協会公式Instagram ハラルジャパン協会公式YouTube
RECRUIT 採用情報 急募 HALALOO プレミアムフードショー2024 東京都、外国人旅行者受入セミナー 健食原料・OEM展2024 シーフードショー大阪2024 インドネシア技術開発協同組合 ハラル商品検索 補助金サポート 入会のご案内 講演依頼

提携先金融機関

全国各地域でのハラルビジネスの普及と包括的なサポートを目的とし、地銀18社様と業務提携をしています。

   千代田区 TOYAMA MUSLIM GUIDE 静岡ハラルポータル HALAL ONLINE BY HONOLU JAPANESE HEART Japan Muslim Guide HALAL DELI ハラルデリ シェアシマ ベジプロジェクト VEGAN OMOTENASHI やまとごころ アジア経営連合会

関連団体リンク

経済産業省 観光庁 ジェトロ JICA 中小機構