ご相談・お問合せ 電話でのご相談

【インドネシア】BPJPHがオーストラリアの8つのハラール機関を評価

2023.08.11
最新ハラルニュース
海外レポート

シドニー「BPJPH」— 宗教省のBPJPHは、オーストラリアの 8 つの海外ハラール機関 (LHLN) を評価しました。BPJPHの所長であるムハマド・アキル・イルハム氏によると、これらの多くの機関の認定、相互承認、受け入れに関して評価が行われました。

 

“オーストラリアについては、2023年7月12日火曜日以降、BPJPHとの協力申請を提出したオーストラリアのハラール認証機関15機関のうち8機関の評価を実施しました。我々はシドニー、ブリスベン、メルボルンで開始しました、” と水曜日(2023年7月19日)、メルボルンでBPJPH所長は述べました。

評価チームの業務訪問を指揮したアキル氏には、BPJPHハラール協力・標準化センター所長のアブド・シャクル氏が同行しました。 技術評価官のディアナワティ氏、シャリア評価官のアーン・ザイヌル・アンワル氏、ハラール製品保証協力コーディネーターのフェルティアナ・サンティ氏、法務チーム長のマディシン氏も出席しました。一連の実務訪問は、インドネシア代表団とオーストラリア農水産林業省(DAFF)との間の協議でシドニーで始まりました。

 

“我々は8機関の評価プロセスがスムーズに進むことを願っている。このプロセスは両国の将来の協力、特に両国間のハラール製品の産業開発と商業において極めて重要である。” とアキル氏は述べました。

アキル氏はまた、インドネシアとの関係を確立しようとするオーストラリアのハラール団体の熱意にも感銘を受けた。アキル氏によると、両国に利益をもたらすためには、ハラール製品保証の相互作用の相乗効果を早め、ルールに従って実施する必要があるという。

オーストラリア海外ハラール機関8か所の評価に参加したのはハラール・ミート・オーストラリア最高イスラム評議会、グローバル・オーストラリアン・ハラール認証機関、オーストラリアン・ハラール開発・認定、グローバル・ハラール・トレード・センター、オーストラリア国家ハラール認定サービス、国家ハラール当局、ビクトリア州イスラム調整評議会、およびオーストラリア・ハラール当局とアドバイザーです。

 

記事の出所: BPJPH News 2023年7月19日

ハラル・ジャパン協会インドネシア支部

Lina Setianingrum

 


 

 

記者プロフィール;Lina Setianingrum

インドネシア、ジョグジャカルタ州出身で、ガジャ・マダ大学の行政学の卒業生。子供のころから日本の文化に興味を持ち、高校1年生、学校の課外活動に日本語を勉強。高校卒業以来、独学で日本語を学ぶ。2011年に、名古屋大学大学院生の研究にかかわり、通訳、翻訳、研究助手として、初日本人との仕事を経験。以降、日本人との様々なお仕事とかかわりが増え、2017年4月に初めて来日。2017年4月~2020年2月まで、日系企業のインドネシア本社の役員を任せられ、2022年4月~2023年3月まで日本に駐在し、ハラールに関する「輸出、輸入、コンサルティングなど」の仕事に従事。2018年と2021年に、LPPOM MUIとBNSPインドネシア「国家資格認定機関」のハラールスーパーバイザーとしての資格を取得。現在、ハラールコンサルタントとして活動中。

トピックス

カテゴリー / Category

よく読まれている記事

トピックス

ハラル最新情報 公式SNSで配信中

ハラルジャパン協会公式facebook ハラルジャパン協会公式Twitter ハラルジャパン協会公式Instagram ハラルジャパン協会公式YouTube
ハラール飛騨牛メニューフェア2024 RECRUIT 採用情報 急募 HALALOO プレミアムフードショー2024 東京都、外国人旅行者受入セミナー 健食原料・OEM展2024 シーフードショー大阪2024 インドネシア技術開発協同組合 ハラル商品検索 補助金サポート 入会のご案内 講演依頼

提携先金融機関

全国各地域でのハラルビジネスの普及と包括的なサポートを目的とし、地銀18社様と業務提携をしています。

   千代田区 TOYAMA MUSLIM GUIDE 静岡ハラルポータル HALAL ONLINE BY HONOLU JAPANESE HEART Japan Muslim Guide HALAL DELI ハラルデリ シェアシマ ベジプロジェクト VEGAN OMOTENASHI やまとごころ アジア経営連合会

関連団体リンク

経済産業省 観光庁 ジェトロ JICA 中小機構